主婦のカードローン

厳しくなった主婦の借入れ

イメージ

レディースキャッシングは女性向けのサービスで、通常のキャッシングとはさまざまな点が異なります。
まず、申込みや利用に関する相談などは女性の社員が対応し、手続きは全部ネットでできるなど人を介さない手段を採用し、初めて利用する女性でも借入れがしやすいよう配慮されています。
また、女性の場合はパートの方や専業主婦の方のような返済能力があまり高くないケースが多いものですが、そうした場合も利用枠を抑えるなどの対応で借入れ可能としています

主婦のカードローン利用の条件

実際に主婦がカードローンを利用する際、総量規制がどのように関わってくるかという点ですが、会社員として働いている主婦の方であれば、自分の年収の3分の1までならカードローンの利用が可能です。
例えば、年収300万の方なら100万までのローン利用が可能となり、ローン枠に関しては主婦であるかどうかに関わりなく、他の会社員の方と何等変わらない条件になっています。
パートやアルバイトをしている主婦の方も、やはり同様に証明できる年収の3分の1までが借入れできる額の上限となり、ローンの枠はそれなりに小さくなるとはいえ、ローンの利用自体は可能です。

専業主婦の借入れは?

総量規制が一番厳しく関わってくるのが、どこにも勤めていない専業主婦の方々に対してです。
専業主婦で自分の個人的な収入が何もない場合、配偶者にいくらたくさんの収入があっても、法律的には「無収入者」という扱いにされてしまい、無担保カードローンは利用できなくなってしまいます。
これは法律で定められているものですので、違反すれば法律違反となり、専業主婦の方にとってはかなり厳しい規制といえます。

専業主婦でも利用できるカードローン

専業主婦の方で、どうしても自分個人のローン枠を確保したい場合は、自分の収入を証明できるように、短期間であってもアルバイトやパートで働くなどの方法を考えてみるのも良いかもしれません。
もうひとつの対応策として、総量規制が適用されない銀行のカードローンを利用する方法もあります。
現状では、信販系や消費者金融系のカードローンは残念ながら利用不可ですが、銀行系のカードローンでは専業主婦の方でも作れるカードがあります。
ローン枠は大体30万円くらいで大口融資とはいきませんが、専業主婦で収入がない方でも、配偶者の同意があれば融資をしてもらうことが可能です。