主婦のキャッシング

専業主婦はキャッシングできない?

イメージ

キャッシングカードの発行は、収入がある人でることが基本となります。
そうなると、学生や主婦の場合はどうなるのでしょうか。
特に専業主婦の場合、パートなどをしていても103万円以下の年収なら専業主婦ということになりますので、該当する方は多くなるのではないでしょうか。
2010年にキャッシングに関する法律が改正され、無収入の人は容易にお金を借りることができなくなりました。
これは、収入のない人が無闇に借金を作らないようにするためです。
収入がなくてもキャッシングを利用したいと思う時もあるため、そんな方にとっては少々不利な法律かもしれません。

主婦でもOKのカード会社

しかし、専業主婦でも条件付きでならキャッシングできる業者があります。
レディースローンなどといった女性限定の商品を扱っている会社なら、条件付きで貸してくれることもあるのです。
条件というのは、夫の同意書や住民票、夫の年収の証明書などです。
生計を共にしているわけですから、夫に内緒で借金をすることは良くないということです。
夫の同意なしでも借入れができる場合は、限度額が低めに設定されています。
あまりおすすめはできませんが、夫に知られず利用したい場合はそのようなカードを選択することになるでしょう。

審査はどうなっているの?

女性限定だったり、収入がなくても利用可能だったりといったカード会社の審査は、収入以外の部分で厳しいことがあります。
収入がない場合に重要視されるのは、やはり他社の借入れの有無や過去の借入れ実績がしっかりしていることなどでしょう。
また、預金の有無や世帯収入も関係する場合があるようです。
今まで借金をしてもきちんと返済してきた人や今は借金がない人、夫の収入がきちんとある人、預金がある人は審査も通りやすいようです。

覚えておきたいことは?

収入がなくても、夫の同意書の提出などの条件で主婦でもキャッシングはできる場合はあります。
しかし、その場合は心に留めておくべきことがあります。
それは、借りたお金は夫が返済することになるということです。
家計を切り盛りしているとつい自分が返している感覚になりますが、そうではないということをしっかりと頭に入れておかなければいけません。
そう考えれば、やはり事前にご主人に相談してからというのが後からトラブルにならないのではないでしょうか。