キャッシングリボのメリットと注意点

キャッシングリボの特徴

イメージ

キャッシングリボとは、キャッシングで借りたお金をリボ払いで月々返済していくものです。
キャッシングの返済方式はいくつかあり、それぞれに特徴があります。
リボ払いの特徴は、「一定の範囲内を超えなければ毎月の返済額に変動がない」という点です。
キャッシングリボでは借入額が一定の範囲で何段階かに分けられており、ある段階のリミットとなる額を超えなければ返済額が変わることがないのです。
わかりやすく例を挙げてみると、次のような感じです。

キャッシングリボの返済例

借入額 月々の返済額
10,000~100,000 5,000
100,001~200,000 10,000
200,001~300,000 15,000
300,001~400,000 20,000
400,001~500,000 25,000

この例でわかるように、毎月の返済額は借入額が10万円増えるごとに5千円ずつ高くなるというようになっています。
つまり1万円借りても5千円、10万円までならいくら借りても返済は月々5千円ということです。
これはキャッシングリボのメリットであると同時に、注意すべき点でもあります。

キャッシングリボの注意点

1万円でも10万円でも月々の返済額が同じというシステムは、まとまったお金が急に必要になった場合にはとても便利に利用できます。
しかし、「多めに借りても返済額が増えない」ということに慣れてしまうと、次第に借りる必要がないのに「返済が増えるわけじゃないから」と必要以上のキャッシングをしてしまうという落とし穴にはまってしまうことがあるのです。
多重債務に苦しむ人の中には、こうした考え方をしはじめたことで借入れがどんどん増えていった…という人がたくさんいます。

「借りたお金」という意識を強く持つ

キャッシングは、融資限度額の範囲内であればいつでも借入れができます。
最近はコンビニで24時間利用できるATMからの借入れもできるようになり、ますます利便性が高まっています。
そのために、まるで自分の口座からお金を引き出しているような錯覚に陥ることがあるのです。
キャッシングはお金を借りる行為で、借りたら返さなければいけないということを自分の中に強く意識づけしましょう。