銀行系消費者金融の特徴

安心と信頼の銀行系消費者金融

イメージ

銀行系の消費者金融とそれ以外の消費者金融を比べる場合、最も大きな違いを見出すとすれば、やはり信頼度でしょう。
銀行系の消費者金融業者は、大手銀行がバックボーンです。
当然ながらその資本は強大で、安定感、信頼度という点では一番です。信頼度は、借入れをする側にとってはとても大きなプラス材料です。
誰でもキャッシングをする時には少なからず不安を抱えているものですが、大手銀行がバックにいるということであれば、その不安も軽くなるのではないでしょうか。

目を惹く金利の低さ

この他にも、銀行系消費者金融業者の持つ強みはたくさんあります。
何といっても、金利が低いという点が大きな特長です。
資本力の高さによって実現可能な数字を設定しているところが多く、他の分野の金融業者と比較すると、明らかにコスト面で有利となります。
特に大きな額の融資を受ける場合、金利はたとえ1%の違いでも、相当な差になります。
そういった点も踏まえると、この点は最大の強みといえるかもしれません。

限度額は重要

その他の銀行系消費者金融業者のメリットには、限度額が高めに設定されているところが多いという点も挙げられます。
借入れ希望額が少額な人は、あまりに大きな限度額があっても必要ないと思うかもしれませんが、実際には非常に大きな意味を持ちます。
借入は、ひとつの会社に絞っておいたほうが良いからです。
全ての金融機関において、借入れの際には審査が行われます。
審査にはいくつもの項目がありますが、最も重要視されるのは申込者の借入れ状況です。
この時、多くのところで大きなマイナスとなるのが、複数の会社から同時に借入れを受けているケースです。
では、なぜ一度に複数の会社から借入れを受けるのかというと、ひとつの会社の限度額で借入額が収まらないからです。
限度額が大きければ、そういった明らかにマイナスとなる借入れをしなくて済むのです。

審査は厳しめ

ただし、全てがメリットづくしというわけではありません。
銀行系消費者金融は、金利が低く限度額も高いですが、同時に審査のハードルが高いといわれています。
また、審査に時間がかかるケースも少なくありません。
利用の際には、こうしたさまざまな特徴をおさえておいたほうが良いでしょう。