借入れの新ルール

総量規制とは

イメージ

多重債務などのトラブルを減らすため、2010年から「総量規制」と呼ばれる借入れに関する新ルールが導入され、スタートしています。
この規制はひと言で説明すれば、「個人としてローンを組める金額は年収の3分の1まで」ということです。
年収を証明できない場合は「無収入者」とみなされ、借入れができないことになります。
つまりこの新ルールに則ると、極端な話をすれば、5,000万の貯金があっても無職の場合には1円も借入れできない話というになるわけですね。

専業主婦への影響

パート、アルバイトなど年収が低い人にも総量規制は大きく影響しますが、この新ルールで最も大きく制限を感じるのは専業主婦の方かもしれません。
総量規制ではあくまで個人年収が必須になっているため、配偶者にしっかりと安定した年収があっても、自分の個人年収がない専業主婦の方は借入れができないことになります。
この不便さを解消するために、配偶者の同意があれば借入れができるという規定も今回の改正のポイントとなっています。
そうしたことから、配偶者に秘密で借入れをするといったことは事実上不可能になったわけです。

借入れ時の必要書類

これ以外にも、この新ルールによって、新規で借入れをする際に、貸し手側の金融業者は他の業者からの借入れ状態など、借り手の信用情報をまず確認することが義務付けられており、借り手側も必要書類の提出などの新たな手順を踏むことが必要になります。
たとえば、ひとつの金融業者から50万円以上の借入れをする場合、複数の業者からの借入れが合計100万以上になる場合、いずれの場合も源泉徴収票などの年収を証明する書類の提出が求められますし、個人事業者のケースでは事業の経営状態を確認可能な書類を提出する必要があります。
何らかの事情でどうしてもこれらの必要書類が提出できないという場合は、該当の金融業者に問い合わせましょう。

中にはメリットも

借入れの新ルール導入で、今までと比べてローンを組むのが面倒になったと思われるかもしれませんが、上限金利が20%までに引下げられるといった借り手側にとってのメリットもあります。
良くも悪くも施行されたこの重量規制、きちんとルールを知った上でこれからのローン計画に役立ててください。