消費者金融の取立てに対する規制

総量規制の実施による混乱

イメージ

消費者金融業者には、貸金業法により禁止されている規制行為がいくつかあります。
規制されているような行為をする業者と関わってしまうこと自体が問題ではありますが、万一トラブルに巻き込まれてしまった時のために、このようなことも理解しておくと良いでしょう。

禁止されている行為

延滞状態の顧客に対する取立ては、早朝や深夜にはできないことになっています。
具体的には、夜8時以降翌日の朝9時までの取立て行為は禁じられています。
消費者金融の取立てというと、朝夕構わず自宅に押しかけるような厳しいものをイメージする方もいるのではないでしょうか。
法整備がなされていなかった時代には容赦ない取立てが行われ、過酷な状況に追い込まれる債務者もいました。 しかし、現在は法による規制があり、行き過ぎた取立ては禁止されています。
時間の他に、大声を出したり、脅迫したり、大人数で訪問したり、勤務先を訪問したりという行為も禁止されています。
これらは違法行為で刑事罰の対象になるため、正規の営業をしている金融業者がすることはないでしょう。

もしも違法な取立てにあったら…

とはいえ、法律などおかまいなしの悪徳業者であれば、従来のようなやり方で取立ててくる場合もないとはいえません。
万が一違法な取立てにあってしまった場合はどうしたら良いでしょう。
無視できる状態ならば無視し続けることで追い返すこともできますが、しつこい場合はそうもいきません。
そんな時は警察や弁護士などに連絡をし、間に入ってもらう形で解決しましょう。
警察や弁護士が入った場合は、業者側は違法行為をしたとして検挙される可能性もありますので、行き過ぎた行為には出ないようになると思われます。

法に訴える取立て

取立てができないとなると、業者は支払いの督促や仮差し押さえなどといった法的手段で訴えてくる可能性があります。
支払いの督促というのは、業者の申立てによって裁判所から債務者に返済するようにという催促が行われるものです。
それに対して債務者が異議申立てを行えば、訴訟になります。
訴訟になった場合、結果が出る前に債務者の財産などを一時的に差し押さえる手続きを仮差し押さえといいますが、実際に業者が仮差し押さえを行うケースはほとんどないようです。