消費者金融の総量規制

総量規制の実施日

イメージ

2010年6月18日、それまで段階的に実施されていた貸金業法の総量規制が、完全に実施されました。
これによって一部の機関を除き消費者金融業者などの金融業者からの借入限度額が年収の3分の1までとなるなど、さまざまな規定が新たに設けられました。

総量規制のおさらい

消費者金融の総量規制に関しておさらいすると、まず前述したように借入限度額が年収の3分の1までとなった点が大きなポイントです。
たとえば年収300万の人であれば、借入れは100万までしかできなくなりました。
改正前は、申込者にいくらまで融資をするかということは貸し手となる業者の裁量に委ねられていました。
しかし改正後は、借り手側からもっと借してほしいという要望があっても、法律がそれを許さないということになったのです。
総量規制は、個人が多額の借金をすることへの防波堤という意味で作られた法案なのです。

総量規制の範囲

総量規制の範囲は、クレジットカード利用のカードキャッシングも含まれます。
そのため、カードを使って借りられる額も年収の3分の1までとなりました。
しかし、ショッピング枠はキャッシングとは異なり、総量規制は適用されません。
対象となるのはキャッシングのため、ショッピングでの借入れは含まずに年収の3分の1までが借入れの上限となります。

銀行は規制外

また、銀行からの借入れも総量規制の対象外となります。
たとえば、銀行以外の消費者金融から年収の4分の1にあたる額を借入れ、銀行から年収の4分の1にあたる額を借入れた場合、トータルでは年収の2分の1に相当する額の借入れになりますが、総量規制の対象は消費者金融からの借入れの4分の1のみとなるため、法律違反とはならず問題なく借入れができます。

規制前の借入れへの影響

総量規制の施行前に年収の3分の1を超える借入れをしていた場合はどうかというと、施行前の借入れに関してはこれまで通り返済を続けていけば問題ありません。
借入先から3分の1を超える額の返済を迫られることもありません。
ただし、借入れの額が年収の3分の1を下回るまでは新規の借入れができなくなります。
この「年収の3分の1」というのは、借入額のトータルで考えます。
年収300万で60万、50万という形で2社から借入れをしている場合、1件ずつ見れば規制のライン内ですがトータルでは3分の1となる100万を超えているため、債務額が減るまでは借入れができないことになります。