任意整理での債務整理

任意整理とは

イメージ

任意整理は、裁判所を通すことなく、弁護士や司法書士が直接債権者と和解交渉を行う債務整理の方法です。
借入れ件数、借金金額ともに少ないのであれば、この任意整理が良いでしょう。

任意整理の内容

利息は法律で上限が決められているのですが、ヤミ金融などの悪徳業者は、決められた利息を大幅に上回る高い利息を取っています。
そうなると、法的には支払う必要がない利息まで払っている場合が出てきます。
そして、本来払わなくても良い利息を返済に充てていれば、もう少し返済が進んでいた可能性もあります。
その払わなくてもよかった利息を計算し、正当な利息で返済すべき金額を算出します。 これが利息の引き直し計算と呼ばれるものです。
弁護士や司法書士は、この金額を基に業者と減額交渉を含めた和解交渉を行います。
任意整理は、自己破産などをする前にできる借金の解決方法として有効なものです。

プロに依頼するのが安心

任意整理は自分自身で行うこともできますが、実際には弁護士など専門家の力を借りないと難しいでしょう。
債権者に取引履歴を確認するなどの作業も必要となりますが、借入先によってはなかなか情報開示してくれないこともあります。
そればかりか、いいように言いくるめられて債権者に都合のいいように持っていかれる場合もあります。
そうしたことから、弁護士や司法書士など専門家にお願いすることをおすすめします。
弁護士や司法書士にお願いするメリットとしては、手続きと同時に債権者に受任通知が送られて取り立てがストップされるということもあります。
これは個人ではできず、専門家だからこそできることですので、多少お金がかかっても専門家にお願いするメリットは大きいといえます。
また、難しい書類をやりとりする必要もないので安心してお任せできるというメリットもあります。

自己破産の前に

借金問題は、そのほとんどがこの任意整理で解決できるともいわれています。
あくまで件数、金額が少ないという条件がつきますが、借金でお悩みの方は任意整理をまず検討してみると良いでしょう。
任意整理を知らなくて自己破産してしまうというケースも多いようですが、万が一の時にはこのような債務整理方法があるということを覚えておきましょう。

借入れのトラブル解決

借入れに関するトラブル例や解決方法をご紹介します。