個人民事再生での債務整理

マイホームを手放さずに済む債務整理

イメージ

債務整理の方法としては、まずは任意整理がありますが、中には金額が大きくて任意整理もできないという人もいます。
自己破産をすると生活に最低限必要なもの以外の資産はすべてなくなってしまうため、マイホームのある人などは躊躇してしまいます。
そんな時に考えられるのが、「個人民事再生」という債務整理の方法です。

個人民事再生の条件

個人民事再生は、返済できない借金を裁判所で大幅に減額してもらうものです。
しかし、安定した収入があるということがまず条件になりますし、減額された借金は基本的に3年以内に返済しなければいけません。
3年で返済する額は、上限を300万円までとした債務額の合計の20%か100万円のいずれか高い方の額になります。
住宅ローンの支払いをしながら借金の返済ができる場合は、個人民事再生が良いでしょう。 個人民事再生による債務整理ができるのは、住宅ローンの額を差引いた債務が合計で5,000万円を超えていない場合です。
ただし住宅ローンに関しては、返済の見直しはできますが減額はされません。

人民事再生での債務の減額

個人民事再生で減額される金額は、債務総額に対しての以下のように決められています。

債務総額に対する返済額

キャッシング 返済額
100万円以上500万円未満 100万円
500万円以上1,500万円未満 債務総額の1/5
1,500万円以上3,000万円未満 300万円
3,000万円以上5,000万円未満 債務総額の1/10

※住宅ローンの額は含まない債務の総額に対し返済額が決められます。

個人民事再生のメリット

自己破産はギャンブルや無計画な浪費、自己破産の可能性をわかっていて借金を作ってしまった場合など、借金をした理由によっては認められないことがあります。
それに対し、個人民事再生は借金をした理由は問われません。
さらに、自己破産をしてしまうと数ヶ月間一部の職業に就けないなどの制限が加えられることがありますが、個人民事再生ではそういった制限もありません。
そして最も大きなメリットは、住宅などの財産を保有したまま債務を整理できるということです。
万が一借金が返せなくなった時、自己破産するまでの状態になる前に解決の道を考えればこのような方法もあるということを頭に入れておくと良いでしょう。

借入れのトラブル解決

借入れに関するトラブル例や解決方法をご紹介します。