消費者金融のクレジットカード

便利なクレジットカード

イメージ

クレジットカードは買い物やガソリンスタンド、旅行などさまざまなシーンで利用できるため、1枚は持っておきたいものです。
しかし、学生や主婦である場合や、なんらかの理由でカード会社の審査に通らなかった場合などはカードが持てないこともあります。
そんな場合には、消費者金融のカードにクレジットカード機能が付いたものを持つのもひとつの方法です。
あくまで「どうしても」という場合なので、一般のクレジットカードが作れなかった場合だけ持つという感覚としておいたほうが良いでしょう。
消費者金融のクレジットカードは消費者金融とクレジット会社が提携しているだけで、契約は消費者金融としているという点に注意が必要です。
作りやすいカードではありますが、だからといって何枚も持っていると他のキャッシングを申込む時には審査に響く可能性があるという意見もあるようです。

1枚はあると便利

とはいえ、やはりショッピング枠のあるクレジットカードは1枚あると便利なものです。
今は店頭での買い物だけでなく、ネットショッピングの決済などもカードを使うことが一般的になっています。
しかも1回払いでの支払いなら金利や手数料は不要です。
使うほどにポイントが貯まることもあり、ポイント目的で極力カードを使おうというスタンスの方も多いようです。

イメージは悪くない?

こうしたことから、普通のキャッシュカードについているデビットカードのような感覚で消費者金融のクレジットカードを使っている方も少なくないようです。
きちんとした返済プランを立てた上での使用であれば問題はありませんので、そのあたりは使う人の自覚によるところでしょう。
ただ、気になるのは持っていることで周囲に与えるイメージです。
持っていることで印象が悪いのではないかと思う方もいるかもしれませんが、最近では消費者金融といっても銀行系とさほど変わらない印象になってきているため、常識的な利用をしている限りは問題ないでしょう。

注意したいこと

一番怖いのは、クレジット機能はキャッシングよりもお金を借りている感覚が薄いという点でしょう。
特に他社にも借入れがある人は、お金がなくてもショッピングができることでさらなる借金を重ねてしまう可能性があります。
カードを使う時にはお金の受渡しがないため、カード会社からお金を借りて支払いをするという感覚が薄れてしまいがちですが、後々の返済がきちんとできる確信がある場合に限っての利用に留めるべきでしょう。