即日キャッシングの注意点

即日キャッシングの流れ

イメージ

借入れを申し込んだその日に、すぐ融資が受けられるのが即日キャッシングです。
即日キャッシングは、電話や店舗、自動契約機などで申込めますが、インターネットからだと数社の審査に一括で申込みができて便利です。
まず、金利や無利息期間の有無、店舗の場所などの条件から利用する業者を選びましょう。
業者が決まったら、業者の公式サイト内にある申込みフォームに必要事項を入力し、送信すると審査が開始されます。

審査から貸付まで

在宅、在籍確認の電話が自宅や勤務先にかかり、その他の項目についても審査が終わると、口座振込みなどにより融資が受けられるという流れになっています。
インターネットからの申込みだと、お昼過ぎまでなら当日内の振込みが可能ですが、申込みが夕方や夜になると、ほとんどの場合店舗や自動契約機での受け取りとなります。
審査に要する時間は20~30分と短いところが増えており、スピーディに借入れができます。

申込みで気をつける点

即日キャッシングの申込みでは、電話番号や住所などの記入ミスに注意しましょう。
本人にとっては単なる記入ミスでも、故意に虚偽の記述をしていると思われてしまい審査に通りにくくなります。
特に今までの借入れ件数や借入額は、業者への印象を良くしたいという思いから事実よりも少なめに記載する人もいます。
しかし、過去の借入れ状況は信用情報機関への照会ですべて明らかになってしまうため、嘘の記述をするとかえって不利になります。
また、期間を開けずに繰り返し融資の申込みをしていると、いつもお金に困っているとみなされて信用がなくなり審査にも通りにくくなるため注意しましょう。

審査で重視される点

業者が重要視する即日キャッシングの審査のポイントには、まず申込み時点の借入れ状況が挙げられます。
他社借入れが概ね3件以上あったり、借入額は法律で年収の3分の1と決まっていますがこの額を超えていたりと、借入れ件数や借入れが多いと審査では不利になります。
さらに、過去の借入れ時に返済が大幅に遅延していたり、過去に自己破産などの債務整理をしていたりすると信用度も低くなります。

その他の審査のポイント

また、返済能力を図る目安として勤務形態や勤務年数、担保となるものの有無などもチェックします。
大手の企業に勤めていたり、公務員などの職業に就いていたり、勤務形態が正社員だと審査で有利になりますが、自営業やアルバイト、派遣社員で勤務年数も半年以下だと信用がつきにくいようです。
また、持ち家で居住年数が長いと信用が高く、賃貸で頻繁に住居を変えている場合だと審査では不利となります。