シンジケートローンとは

シンジケートローンとは

イメージ

ローンにはさまざまな種類のものがありますが、そのうちのひとつにシンジケートローンというものがあります。
シンジケートローンとは、ひと言で表現すると「協調融資」です。
協調融資は、法人向けの融資の一種です。

通常の融資との違い

一般的に、会社がいくつかの銀行から同時にお金を借りたい場合、それぞれの銀行と個別で話し合いをして条件を決め、それに基づいて融資の詳細を決めていきます。
そのため、当然のことながら、いくら借りるのか、どのくらいの期間かりるのか、金利はいくらなのかということは銀行ごとに異なります。
それに対し、シンジケートローンの場合は少し違い、アレンジャーと呼ばれるひとつの銀行が、他の銀行と交渉を行うことになります。
条件などについてはアレンジャーに返答し、その結果、会社が希望する額以上のお金を貸してくれるならば、同日に複数の銀行から借入れることになります。

借入額の調整も可能

もしも希望する額にならなかった場合は、その分だけ借りたり、満額になるようにアレンジャーに不足を補ってもらって借入れをしたりします。
簡単にいうと、ローンは借り手と貸し手が1対1で取引をしますが、シンジケートローンの場合は、複数の銀行が集まってそれぞれがお金を貸すことになります。
シンジケートには「企業連合」などという意味があります。

シンジケートローンのメリット

なぜシンジケートローンのような形のローンがあるのでしょうか。
一般的に、会社は借金をしながら運営する場合がほとんどです。
事業には波があり、お金がまわらない時期も出てくるため、複数の銀行から借入れをしています。
ひとつの銀行からお金を貸せないと言われたから事業が継続できないというわけにもいかないので、他の業者からもお金を借りるようにするわけです。
将来を考えた場合には、複数の銀行から借入れておいたほうが安心なのです。
シンジケートローンは、将来の安心感が増すローン形態といえます。

借り手と貸し手双方に有効なシステム

銀行にとっても、アレンジャーになれば利息や手数料が入るため大きな利益を得ることができ、会社側にしてみても、銀行側にしてみても大きなメリットがあるシステムといえるのです。
一般的にはあまり知られていないローンの形ですが、こうした融資の形もあることを覚えておくと良いでしょう。