使途が自由なフリーローン

フリーローンとは

イメージ

カーローンやデンタルローン、教育ローンなど目的が定まったローンに対し、フリーローンは目的を定めずに借入れができる、使途が自由なローン商品です。
通常、キャッシングというと基本的にフリーローンのことを指しています。
使い道が自由とはいえ、投資目的や事業のための資金には使えないという決まりがあるため、この点には注意が必要です。
ほとんどのフリーローンは担保や保証人が不要で、少額融資なら簡単な手続きで済むため利用しやすいのが特徴です。 目的のあるローンに比べると一般的に金利が少し高めという点は否めませんが、業者間の競争が激しくなってきたこともあり、最近のフリーローンは徐々に金利が下がりつつあります。

利用条件と必要な書類

フリーローンの利用条件は、原則として20歳以上の成人に限られます。
年齢の上限は、60歳から65歳前後と業者によって異なります。
また、毎月決まった収入があることが利用の条件になっているため、仕事に就いていない人は利用できませんが、専業主婦でも夫に定職がある場合、あるいはアルバイトなどで収入があれば借入れ可能としている業者もあります。
フリーローンの申込みには、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書が必要となります。
また、借入金が多額になる場合は、収入を証明する書類として源泉徴収や給与明細などが必要となる場合もあります。

申込み方法

フリーローンを利用する際は、まずは借入額や返済方法などをきちんと決めておくことが大切です。
金利や返済方法、審査基準などは金融業者によって異なるため、いくつかの業者を比較して自分の返済計画に適した業者を選びましょう。
借入れの申込みはネットからできるところがほとんどですので、業者のホームページに用意されている融資申込みフォームにアクセスし、氏名や家族構成、収入や勤務先など必要な項目を入力して送信します。
業者で借入れ審査が行われる際には、本人確認のための電話連絡などがあります。
審査に通ると、即日融資の業者なら口座にお金が振り込まれます。
契約書類は後日郵送で送られてくるため、必要事項を記載して返送します。
会員カードが郵送で届いた後は、提携ATMなどを使って借入れや返済ができます。