クレジットカードの国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドとは

イメージ

クレジットカードには「国際ブランド」といわれるものがありますが、みなさんはいくつご存知でしょうか。
国際ブランドって何?と聞かれる方も多そうですが、答えは簡単です。
クレジットカードの国際ブランドとは、VISA・JCB・マスターカード・ダイナースクラブ・アメリカンエキスプレスの5つのことです。

国際ブランドそれぞれの特徴

それぞれのブランドにどんな違いがあるかという点については、ひと言でいってしまうと、それほど目に見えての大きな違いはありません。
あえていうなら、国内では唯一の国内ブランドということもあってJCBが昔から根強く、加盟店も多いといわれています。
JCBのゴールドカードは、審査基準が他社ブランドのゴールドに比較してハードルが低いといわれており、手軽にゴールドカードを手にしたい方にはおすすめです。
海外に関していえば、加盟店が最も多く普及しているのがVISA、続いてマスターカードで、ほぼどこででも使えるカードといえます。
VISAは提携している発行会社がひとつではなく、発行会社によってサービスや対応にも違いが出てくるため、カードを選ぶ際には発行会社も確認しておくことがポイントです。
最近は国内でもVISA、マスターカードが十分に普及してきているので、クレジットカードの利用に関してこれら3つの国際ブランドでの差はほとんどないといえそうです。

ステータスで選ぶなら

カードのステータス性でいえば、ダイナースクラブとアメリカンエキスプレス(通称アメックス)でしょうか。
海外ではクレジットカードの提示を身分証明書の代わりに求められることがありますが、ダイナースとアメックスは審査基準がそれなりに高いカードとして認知されているため、信用性が高いといえます。
また、アメックスは旅行関係のサービスが充実しているので、旅行の頻度が高い方には重宝するカードでしょう。

複数の国際ブランドが使えれば安心

複数のクレジットカードを所有している状態でさらに新たなカードを作成する場合は、国際ブランドが重複しないようにしておけば加盟店を広くカバーでき、世界中どこへ行っても不便がないでしょう。