カードローンの借り換え

借り換えとは?

イメージ

カードローンの借り換えとは複数の業者からの借入れを一本にまとめることで、「おまとめローン」とも呼ばれています。
例えば3社からそれぞれ金利も借入額も異なる借入れがある場合、その3社とは別の金融業者から3社分の借入れの合計額を融資してもらい、3社の借入れを完済して後から借入れをした1社に返済していくというものです。
借入れを利用した当初は計画的に返済していても、慣れてくるとあちこちの金融業者から借入れを重ね、気がつくと借金が膨れ上がって返済の目処がたたなくなってしまう人もいます。
1社に返済するために別の業者から借りることを繰り返せば、結局利息だけが増えてしまい、余計に返済が厳しくなっていきます。
そんな時には借り換えで借金を一本化すると、それ以降の返済がしやすくなります。

どのような人に便利?

借り換えは、複数の金融業者からの借入れが多くなり、返済を管理しきれなくなってきた人におすすめです。
また、月々の返済額や利息を少しでも減らし、もう少し楽に返済していきたいという人にも良いでしょう。
しかし、借入額があまりに多額な場合には借り換えができないこともあり、借り換えをしても月々の返済が楽にならないケースもあるため、その点には注意が必要です。

借り換えのポイント

借り換えをすると借金が1社にまとまるため、返済日や金額がわからなくなるといったことがなくなります。
返済額も明確になる上、複数の金融業者から借入れをしていくよりも支払う利息の総額を抑えられます。
また、完済までの期間が計算しやすくなるため、返済計画も立てやすくなります。

業者選びのポイント

借り換えのためにカードローンを利用する際には、金融業者選びが重要になります。
最近では、大手の銀行でも借り換え用のカードローンを扱っています。
相談費用などはかからないので、相談だけでもしてみると良いでしょう。
金利ができるだけ低く、担保や保証人が不要で、申込み審査の基準があまり厳しくない金融業者だと利用しやすいでしょう。
できるだけ早く借り換えをしたい場合は即日融資可能な業者、借り換え額が多い場合は大口の融資が可能な業者を選んで申込みをします。
業者選びの際に重要視するポイントは、借入れ希望額や返済能力などによって異なります。 自分に合った信頼できる業者を選びましょう。