教育ローンを上手に利用

教育費の総額はいくら?

イメージ

3歳から幼稚園に通いはじめた場合、高校を卒業するまでの15年間で必要な学費は、すべて公立でもおよそ550万、すべて私立の場合では1,600万を超えるという文部科学省の調査結果があります。
さらに大学に進学するとなると、国公立でもおよそ240万、私立なら文系で380万前後、理系で500万前後、医学部や歯学部に到っては1,700万を超える学費が必要になります。
これだけの学費を貯えるとなると、結婚した当初からしっかりとライフプランを立ててコツコツと貯金することが大切になりますが、努力をしても必要なだけの学費にはどうしても届かないこともあります。

学資がピンチ!そんな時には…

そんな時、学資の不足をサポートしてくれるのが教育ローンです。
教育ローンは民間の金融機関や公的機関が扱っており、探してみると結構な種類があることがわかります。
どこに申込めば迷ってしまった時には、どんな点にポイントをおいて選べば良いのか考えてみましょう。

教育ローンを選ぶポイントは?

教育ローンを選ぶ際、主なポイントとなるのは「金利」「返済期間」「返済方法」の3つです。
借入れる額にもよりますが、教育ローンは返済期間が長期で設定されていることが多いため、金利は特に重要なチェックポイントとなります。
長期返済なら固定金利のものを、比較的短期間で集中して返済するなら低金利から返済がスタートする変動金利を選ぶのが基本ですが、変動金利は返済中に社会情勢の変化などにより金利の引上げが行われる可能性もあるため、充分な検討が必要です。
借入期間も毎月の返済額を大きく左右するため、金利と併せてしっかりと確認しておきましょう。

返済方式を把握

また、返済方法も一様ではなく、借入先によってさまざまに返済方式が異なります。
それぞれに特徴があり、良い点と悪い点とがありますので、充分に比較検討することが重要です。