バイクローン利用のポイント

バイクローンの特徴

イメージ

バイクローンは、マイカーローンと比べると利用額が低くなるのが一般的です。
借入れる額が小さければ、その分返済計画もある程度融通がききやすくなります。
例えば、返済期間を短めに設定し、変動金利型にすることで金利を少なく抑えることも可能です。
そういった返済計画を立てるにあたって考える必要があるのは、ローンの種類です。
バイクローンには、「銀行ローン」「ディーラーローン」「フリーローン」の3つのローンが利用できます。
それぞれ特徴やメリット、デメリットがあるので、それをしっかりと考慮した上でどのローンを利用するかを決めると良いでしょう。

金利負担の少ない銀行ローン

銀行のバイクローンは、金利を最小限に抑えられるローンです。
2~3%の金利で返済ができるので、経済的な負担はかなり少なく済みます。
ただし、審査が厳しいこと、審査に時間がかかることがネックといえます。
申込みをして、いざバイクの購入となった時に「ローンは組めませんでした」となると選択肢は一気に狭まってしまうため、あらかじめ何社かの貸付条件を確認しておいたほうが良いでしょう。

個別差のあるディーラーローン

ディーラーローンは、利用する人が多いバイクローンです。
やはり、購入時にローンを組む人が多いので、その流れで販売店のローンを組むケースが多くなるのでしょう。
しかし、ディーラーローンは販売店によって金利に随分と差が生じます。
かなり金利を抑えている販売店もあれば、反対にかなり金利を高く設定している販売店もあります。
ただ、必ずしも金利の高いお店が悪いとは限らないのが厄介なところです。
金利を安くしている販売店は、バイクの本体価格を高めに設定していることも少なくないため、トータルでいくらかかるかという点が重要なのです。
ある程度短期間で返済ができる人、長期に亘って支払いをしたい人、それぞれの事情があるわけですから、それを計算に入れた上でトータルの購入額を算出し、少しでも安く購入できるよう考えましょう。

利用しやすいフリーローン

フリーローンは、銀行等が扱う使途自由なローンです。
フリーローンを扱っている所は近年増えており、申込みがしやすい点はメリットといえます。
ただ、業者ごとに金利が異なるため、その点を考慮した上でどの業者のローンを利用するかを決めましょう。