残価設定ローンはお得?

マイカー購入の新しいカタチ

イメージ

マイカーを買い替える時、多くの方はローンを組んで支払いをしていきます。
今まで乗っていた車を下取りに出したとしても、まだ結構な額が残ることも多いでしょう。
そこで最近注目されている新しいローンの形が「残価設定ローン」というものです。

残価設定ローンとは?

残価とは、購入した車を3~5年後に下取りに出すと考えた場合に予想される下取り価格を指します。
残価設定ローンで車を購入する場合は、車両本体価格から残価が差引かれた残りの額でローンを組みます。
残価が引かれる分ローン総額が下がる上、支払い回数は通常のローンと同じなので毎月の返済負担はかなり軽くなります。

残価設定ローンのメリット

残価設定ローンには、ローン終了時にどうするかで残価分の支払いが必要なくなることもあるというメリットもあります。
残価を支払わず、それまでに支払った額のみで良くなるケースは、ローン終了時に再度新しい車を購入する場合、または販売店に車を返す場合です。
反対に残価を支払わなければいけないケースは、返却も買い替えもせず車を買い取る場合です。

落とし穴に注意!

残価設定ローンは通常のローンに比べ、毎月の返済額がかなり低いため利用したほうがお得と誰もが考えます。
しかし、そこにはひとつ落とし穴があります。
それは、ローン終了時に車を買い取る場合は通常のローンよりも支払い総額が高くなるという点です。
ローンを組む総額が通常のローンより低いのに総返済額が高くなるというのは不思議な気がしますが、それはこのローンの仕組みを理解すれば納得できます。

残価設定ローンの仕組み

たとえば36回の均等払いでローンを組んだ場合、通常のローンは36回で均等割するのに対し、残価設定ローンは35回で均等割し、車を買い取る場合は残りの1回に残価分がドンと上乗せされることになります。 わかりやすく具体例を挙げてみてみましょう。

返済例

通常のカーローン 残価設定ローン
車両本体価格 2,400,000 2,400,000
金利 5.80% 4.90%
返済回数 36回(ボーナス払なし) 36回(ボーナス払なし)
初回返済額 76,132 45,194
2回目以降 72,700 43,800
残価設定額 1,127,000
総支払額 2,620,632 1,127,000

結果…2,620,632 - 2,661394 = 40,762 で残価設定ローンの総額の方が多い!

こんな点にも注意!

総額が高くなることも大きな注意点ですが、残価にも金利がかかること、買い取るためにあらためて残価分をローン返済していく場合はさらに支払い総額が高くなることも頭に入れておく必要があります。
また、残価設定ローンを利用する場合は、3~5年後の残価(下取り価格)が保証されているかどうかも重要になります。
保証がない契約では、ローン終了時の査定で当初よりも残価が低くなり、差額分の支払いが発生してしまう可能性があるためです。
返却や買い替えをする場合は原則としては残価の清算は不要ですが、あまりに車の状態が悪い場合には当初の残価と現状での査定額との差額分を請求されることがあるという点にも注意が必要です。