生命保険での借入れ

契約者貸付とは

イメージ

自分が契約している生命保険を担保として、加入している生命保険会社から借入れができるシステムがあることをご存知でしょうか。
このシステムは「契約者貸付」と呼ばれており、解約返戻金の決まった範囲内での借入れが可能となっています。
生命保険の種類によって借入れ可能な保険とそうでないものとがありますので、気になる人は加入している保険会社に確認してみましょう。

利用方法

契約者貸付は、保険会社によって借入れができる額の範囲や、申込みに際して必要な書類などが異なります。
そのため借入れを検討する場合は、それぞれの保険会社に確認する必要があります。
中には、保険会社で発行されたカードを使ってATMで借入れができるシステムを導入しているところもあり、借り手側にとっては便利なローンサービスといえます。
返済に関していえば、保険会社の窓口、振込用紙を使っての振込、ATMからの振込など、さまざまな返済方法が用意されているため、返済がしにくく困ることはまずないでしょう。
契約者貸付では一般的に利息は年ごとに元金に算入されていく方式のため、期間が長ければ長いほど元金も大きくなっていきます。
見方を変えれば、早く返済すればするほど利息分を少なく、お得に返済できるということになります。
ほとんどの保険会社では、借入れたお金の一部や全額をいつでも返せるようになっていますので、事情が許すならできるだけ早い返済を目指すと良いでしょう。

メリット・デメリット

お金を借入れている期間内でも、生命保険の補償はそのまま変化なく受けられますし、配当金の権利も変わりなく続くのが、契約者貸付の嬉しいところです。
ただ、メリットばかりでなくリスクもありますから、事前に考慮しておきましょう。
まず、返済が済んでいないまま生命保険期間の満期がきてしまった場合、また被保険者が亡くなったという場合は、元金プラス利息を差し引いた保険金が支払われることになります。
また、利息を含む借入額が解約返戻り金以上に膨れ上がったり、合意していた期日までに返済できなかったりといった場合には、生命保険の契約自体がその時点で失効することになりますので、この点にも注意が必要です。

借入れ先の選択は状況に応じて

借入状況に応じて金利軽減を受けれたり金利タイプの選択ができる場合も。