個人事業の借入れのポイント

時と場合で借入れの仕方を変える

イメージ

個人事業主が借入れをしたい場合には、どのような方法を取れば良いのでしょうか。
たとえば事業にも使用する車を購入する場合は、信販系のクレジットカードで購入し、分割払いで返済していく方法がおすすめです。
銀行で借入れたほうが良いのではないかと考える方が多いと思いかもしれませんが、個人事業の場合は確定申告をする必要があるため、あえて信販系のクレジットカードで分割払いするのが良いのです。

銀行を勧めない理由

確かに銀行での借入れは、手続きに多少時間がかかったり審査が厳しかったりする反面、金利が安いというメリットがあります。
それに対して信販系のクレジットカードの場合は、審査は早いけれど金利は高いという側面があります。
しかし、信販系のクレジットカードの場合、確定申告の決算書や賃借計算書の借入金勘定にはあたらず、未払金勘定になります。
この勘定科目の違いが大きいのです。
銀行での借入金は借金となりますが、未払い金はあくまで払っていない金額であって借金ではありません。
負債という意味では同じなのですが、帳簿上は全く違うものになってしまうのです。
これは、事業においてだけではなく、マイホームを購入する際などにもネックになってくる場合がありますので、どちらも同じ借入れとは思わず、よく考えて借りることが大切です。

会社にしてもメリットがないことも

また、起業する時に借入れを受けたいという人も多いでしょう。
イメージ的に、会社のほうが個人事業より借入れがしやすいのではないかと思う方が多いのではないでしょうか。
しかし、最近は1円でも株式会社を設立できるようになっていることもあり、どちらもそれほど変わりはありません。
特に、資本金が低い場合は個人事業とほぼ変わらないと認識されますので、単に法人成りをすれば良いわけではないということを理解しておきましょう。

将来を見据えた借入れを

個人事業の信用度は、法人やサラリーマンに比べると低いのが現状です。
ただし、最近は大手の会社でも破綻してしまうこともあり、実際にどうなのかというのはわからない部分もあります。
いずれにしても、万が一の時にお金が借りられないのでは困りますので、信販系のクレジットカードの分割払いを利用するなどして、できるだけ借入金を作らないようにしておいたほうが将来的には有利 だといえるでしょう。

借入れ先の選択は状況に応じて

借入状況に応じて金利軽減を受けれたり金利タイプの選択ができる場合も。