事業資金の借入れについて

有担保か無担保か

イメージ

事業資金を借入れしたいという場合は、一般的に借入額もかなり大きなものになりますから、特に低金利のローンを探したいものです。
借入額が大きいということは、必然的に返済期間も長くなるということです。
まとまった額の借入れで長期の返済期間が見込まれる場合、有担保ローンでの借入れの方が、全体的に見るとメリットが大きいといえます。
無担保でのローンは、ほとんどの場合において変動金利が適用となっているため、最初の段階で金利が低いように見えても、これからの推移によっては金利が上がってしまう場合も考えられます。
その点、有担保ローンなら固定金利で借入れできる所が多いため、将来の金利上昇を考えても安心です。

有担保ローンの注意点

また、有担保ローンの場合、無担保に比べて借入れできる限度額もかなり大きくなります。
その点でも大きな額となる事業資金のための借入れには、有担保ローンが適しているといえるでしょう。
ただし、有担保での借入れには審査期間が長めというデメリットがあります。
早急に事業資金をなんとかしなければ、すぐに結果が知りたい、という場合に借入れが間に合わない場合も考えられますので、最初に審査にかかる時間を確認しておいた方が無難です。
それほどの額にならない借入れであったり、すぐに返せるあてがあったりする場合には、無担保ローンの短期利用も考慮の範囲に入ってくるかもしれません。

担保となるもの

担保として一般的な物のひとつが不動産です。
既に住宅ローンの担保に自宅が入っている場合でも、2位や3位の抵当権で融資してくれるところも多いようです。
不動産担保ローンは、一般的に金利が低めで借入れできる限度額が高いといえます。
もちろん、不動産の評価額によって借入金額は大きく異なってきますので、何かのビジネスチャンスのためにも、あらかじめ自分の不動産の評価額を知っておくと良いですね。
また、医療機関関係などの特殊な職種の場合、介護や診療報酬などを担保としてかなり借入れ可能金額が広がる場合もあります。
インターネット上のサイトでも事業資金のためのローン比較サイトがたくさんありますから、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

借入れ先の選択は状況に応じて

借入状況に応じて金利軽減を受けれたり金利タイプの選択ができる場合も。