自営業での借入れ

自営業での借入れの難易度

イメージ

借入れをする際にはさまざまな条件をクリアする必要がありますが、その点において自営業は決して有利とはいえません。
借入れの審査では、「安定した収入」が求められるためです。
それはすなわち、申込者の返済能力として診断されます。

自営業の審査は厳しい?

安定した収入の象徴ともいえるのが公務員です。
公務員の場合はよほどのことがない限り収入が減ることはなく、将来も安泰です。
突然仕事を辞めるということもまずなく、そういう意味では最大の返済能力を持った職業といえます。
それに対し、自営業は給与所得者と比べて収入の安定感がなく、経営状況によっては職を失う可能性も否めません。
そのため、審査という観点でいえば通りにくい職業のひとつになってしまうのです。

自営業での銀行融資

では、自営業での借入れはできないのかというとそういうことはありません。
借入れをすることは可能ですし、状況によっては銀行融資を受けることもできます。
銀行融資は、数ある融資の中でも最も審査が通りにくいことで有名ですね。
逆にいえば、銀行がOKであれば、全ての金融機関においてお金を借りることは可能ということです。
ただ、簡単に借りることができるわけではなく、ある程度の制限等は出てくるでしょう。
たとえば銀行融資の場合は、信用保証協会の保証付きの融資が原則となるというような形です。

初めて間もない中での借入れ

自営業とひとくちでいっても、そこにはさまざまな仕事があり、同時にその仕事の過去の実績も当然加味されていきます。
初めて間もない場合は、当然返済能力が高いとは言いにくいですし、それまでの実績が確かなら、安定した収入を得られているとみなされることもあるでしょう。
ただ、初めて間もないから不利かというとそうとは限らず、創業融資制度などの救済措置ともいえる制度を利用できます。

自営業でも諦めない

基本的に、返済能力は職業と実績が大きくものをいいます。
実績とは、収入額や収入の安定、勤続年数などといったものです。
自営業とは、借入れにおいては不利なことは確かですが、こういった点で基準をしっかりと満たしているのであれば、銀行融資も十分可能なのです。
借りる前から諦めず、トライする価値は十二分にあるということですね。

借入れ先の選択は状況に応じて

借入状況に応じて金利軽減を受けれたり金利タイプの選択ができる場合も。