国金での借入れ

国金の借入れは利用しやすい

イメージ

かつては国民生活金融公庫(国金)という名称で運営されていた日本政策金融公庫での借入れは、他の金融機関と比較して借りやすいといわれています。
その理由は、簡単にいえば「国民のための金融機関」だからです。
例えば、銀行や他の金融機関は、あくまでもその維持が目的であり、お金を貸す事業はその目的のための手段です。
ですが、国金は国が作った金融機関であり、その目的は国民に対して貸付を行うためということなります。
つまり、営利目的ではないということです。
そういったこともあって、国金は困っている国民にできる限りお金を貸し出そうという姿勢があります。
国金が借入れしやすいといわれている理由は、そこにあります。

審査はシビア

しかし実際には、国金は必ずしも借りやすい機関ではないという面もあります。
国民のための機関というスタンスは確かにあるのですが、国金は銀行同様にしっかりとした審査を行っています。
そのため、返済能力に関してはかなりシビアな見方をされます。
そして、この国金の借入れ審査にはもうひとつ大きな関門があります。
それは、使い道を詳しく聞かれることです。 通常、借入れを行う場合、そのお金を何に使うのかまでは聞かれても、そこまで明確に答える必要はありません。
しかし国金の貸付を利用する場合は、何に使用するのかを詳しく説明しなくてはならないのです。
また、銀行以上に返済のスケジュールに関してはしっかりとした計画が必要となります。

計画は綿密に

ただ、これらのことは、本来は借入れをする上では当然のことといえます。
いい加減な形でお金を借りれば、最終的に困るのは他ならぬ自分自身です。
目的と返済計画がしっかりしていなければ、最悪な状況を招く可能性は十分にあります。
逆にいえば、返済プランがしっかりしていれば、滞りなく返済し、日常生活を崩すことなく貸付を利用できるのです。
そういう意味では、審査が厳しいことは決してマイナスとはなりません。

相談も可能

国民生活金融公庫の長所は、国民のための機関であるために非常に親身になってくれる点です。
資金運用に関しても、かなり踏み込んだアドバイスをしてくれます。
資金繰りにかなり苦労している零細企業などは、特に今後どうすべきか悩んでいるケースが多いこともあるでしょう。
そういう場合は、経営を上向きにするにはどうすべきか相談してみると良いでしょう。

借入れ先の選択は状況に応じて

借入状況に応じて金利軽減を受けれたり金利タイプの選択ができる場合も。