短期の借入れのメリットは

短期借入金とは

イメージ

借入金には、大きく分けて2種類があります。
そのひとつに「短期借入金」というものがあります。
短期借入金とは、1年以内の短期で借入れを返済する借入金のことです。
短期借入れの例としては、一人暮らしを始めるために一時的にお金が必要になったとか、子供が進学するので入学準備金が必要になったとか、結婚式にたくさん出席していてお祝い金が必要だとか、旅行に行くのでその時の費用が必要だとかいったように、少額で返せる見込みが高いケースが多くあります。

短期借入れのメリット

短期借入れは、金利が低いという点がメリットです。
1年という短期間であれば、利用者の収入がある程度予想でき、それほど大きな変化がないことが考えられるため滞納のリスクも少ないということから、金利を下げることができるのがその理由です。
さらに、短期借入れの場合は無利息期間を設けている業者もいます。
例えば、30日間無利息というようなもので、急にお金が必要になって短期だけ借入れをしたい場合は、このような商品を選ぶと元金のみでの借入れが可能です。
ただし、無利息だからといって、無計画な借入れをすると多重債務になることがあります。
返済期日までに返済できる見込みがあるのなら良いですが、見込みがないならば無利息にこだわらず、条件に合った業者で借入れをしたほうが良いでしょう。

長期借入金

短期借入金に対し、1年を超えて返済する借入金のことを「長期借入金」といいます。
たとえば、自動車を買うためのお金を借りたい、家を買うために長期的に借入れを行いたいなど、比較的多額の場合は、この長期借入金を利用することになります。
長期の借入れの場合は短期の借入れと違い、将来が予想しづらいために金利が高くなる傾向にあります。
そのため長期借入れの場合は、金利が安いということが業者選びのポイントになります。 少しの金利の違いでも利息が大きく変わってきますので、よく考えて選ぶことが大切です。

計画的な借入れが重要

このように、借入れには短期と長期の2種類がありますが、どちらで借入れをするにしても、金利や返済期間など条件をしっかりと確認しておくことが重要です。
また、短期であっても計画的に借入れることが大切ですから、借入れの前にはしっかりと返済シミュレーションをしておくことも重要です。

借入れ先の選択は状況に応じて

借入状況に応じて金利軽減を受けれたり金利タイプの選択ができる場合も。