キャッシングの比較ポイント

借入れ件数と用途別に注意

イメージ

キャッシング業者は数が多いため、各社を比較して一番有利なところを利用するのが得策です。
まず大切なことは、自分の借入れ件数に見合った業者を比較することです。
初回利用の場合や、借入れ件数が少ない場合は割とどこでも自由に会社が選べますが、4社以上と借入れ件数が多くなると、新たに借入れをするのが難しくなります。
そのため、借入れ件数が多くても利用できるような業者を比較して選ぶことが大切です。

比較ポイントは?

キャッシング業者の比較ポイントとして、金利や借入れまでの時間、審査基準、利用限度額、知名度や口コミでの評価なども参考にしてみましょう。
また、キャッシングしたお金を何に使うかという用途によっても選ぶ業者が異なります。
引越しや結婚式のための資金、車購入やレジャーのための資金など、使用目的ごとにおすすめの業者やキャッシングの種類も違ってきます。
目的に合ったキャッシング業者を選び、いくつかの業者を比較して最終的に利用するところを決めましょう。

顧客、会社のタイプで比較

自分がどんな顧客タイプなのかによっても、選ぶ業者が異なります。
性別、会社員か学生か、専業主婦やワーキングマザーなど、職業などによっても適当した業者が異なるので、自分がどのタイプに当てはまるかを考え、キャッシング利用業者を選ぶようにしましょう。
また、金融業者といっても審査が比較的簡単で敷居が低い消費者金融や、金利が有利な銀行、手続きが全てネットでできるネットキャッシングなど、タイプが色々とあります。
業者のタイプごとに申込みの方法や審査基準も違ってくるので、自分がどのタイプの会社を利用すると良いか、よく比較検討してみましょう。

比較検討の際に大切なこと

キャッシング業者を比較検討する上では、キャッシングの基本知識を習得しておくことも大切です。
キャッシングについての知識が浅いと、業者の甘い誘い文句に乗せられて多額の債務を背負い返済できなくなるなど、さまざまなトラブルに発展します。
出資法や利息制限法などの法律の知識や、キャッシングの仕組みなどをあらかじめ理解しておくようにしましょう。
また、キャッシングにはさまざまな専門用語があるので、よく使う用語は覚えておくと、利用の際に業者側にある程度キャッシングの知識があると思われ、融資の際に少し有利になります。
加えて、実際に利用した人の体験談などもチェックしておくと、借入れ後はどのようになるのかがイメージしやすいでしょう。