消費者金融をタイプで比較

消費者金融の種類

イメージ

消費者金融とひとくちにいっても、大きく分けると2つの種類があります。
1つは銀行系消費者金融で、大手メガバンクなど銀行を親会社に運営されているところです。
もう1つは独立系消費者金融と呼ばれ、銀行ではなく信販会社などが親会社になって運営されています。
基本的には同じ消費者金融ですが、それぞれの特徴は少し異なります。

銀行系消費者金融

銀行系のメリットは、銀行が親会社になっていることから安心感が高いという点です。
多くの場合、バックボーンになっている銀行はその知名度が高く、なじみがあるところが多いはずです。
また、銀行系の場合は親会社のATMが利用できることもあり、利便性が高いというメリットもあります。

独立系消費者金融

独立系のメリットは、消費者金融をメインに事業を展開しているところも多いため、ユニークな商品があったり、クレジットカードと一体化したカードが展開されていたりという点が挙げられます。
ひと昔前は審査が甘いということも言われていたようですが、独立系であっても貸金業法の対象になっていますので、審査基準や規制などについては銀行系とほぼ同じです。

クレジットカードとは異なります。

そんな消費者金融ですが、クレジットカードと混同している方が少なくないようです。
消費者金融は、現金を引き出して後から返済するシステムです。 一方のクレジットカードは、買い物の代金を立て替えて払ってもらい、後で支払いをするもので、仕組みがまったく異なるということを覚えておきましょう。

消費者金融とクレジットカード

消費者金融のローンは現金の借入れができるため、使い道は利用者の自由に決められます。
最近はカードで支払う人が増えてきましたが、現金だからこそ安く買えるものがあったり、人によっては現金のほうが買い物しやすいという場合もあります。
自由度が高いのが、大きなメリットといえるでしょう。 一方のクレジットカードのメリットは、翌月に一括払いをすれば、金利や手数料は無料で使い勝手が良いという点が挙げられます。
買い物の代金を翌月まで立て替えてもらっても、1回もしくは2回払いなら金利や手数料が不要というのはお得感があります。