クレジットカード選びは還元率をチェック

クレジットカードは魅力的なサービスがいっぱい

イメージ

クレジットカードには、ショッピングや食事、レジャーなどの施設の優待利用や医療相談、ロードサービス、国内外の旅行保険など、さまざまな付帯サービスがあります。
普段あまりカードを使わない方は、自分にとって一番メリットが高いサービスが付帯しているカードを選ぶのが良いでしょう。
ですがクレジットカードをよく使う方は、ポイント還元率の高いカードを普段使いにすることをおすすめします。

ポイント還元率とは…?

クレジットカードは、利用額に応じてポイントが付与されます。
ショッピングなどでポイントを貯めることでさまざまな生活用品や商品券、旅行券などがもらえたり、キャッシュバックされたりといった特典が受けられるのです。
このポイントプログラムにおいて、カードの利用額に対していくら還元されるのかという割合がポイントの還元率です。

お得なカードの選び方

たとえば、クレジットカード10万円分の利用に対して500円の商品券がもらえるとすると、10万円のうち500円が還元されるので還元率は0.5%です。
クレジットカードのポイント還元率は0.5%くらいのものが多いのですが、中には少数ながら2~3%という高還元率のカードもありますので、いろいろと探してみて下さい。
また利用額によっては、年会費も無料のほうがお得とはならないケースもあります。
年会費無料で還元率0.5%のカードと年会費1,000円で還元率1%のカードで比べた場合、30万円の利用に対し還元率0.5%なら1,500円の還元ですが、1%なら3,000円還元されるため、年会費の1,000円と相殺しても2,000円分の得をしたことになります。

ポイントは付与率よりも還元率

ポイントには、還元率の他に付与率もあります。
付与率は、カードの利用額に対しどれだけのポイントがもらえるかというポイントの価値です。
利用額100円ごとに1ポイントの付与なら1%、1,000円ごとに1ポイントなら0.1%の付与率です。
付与率の高いクレジットカードがお得といわれることもありますが、カード選びの判断材料にするなら、比較すべきは断然還元率です。
100円ごとに1ポイントのカードと1,000円ごとに1ポイントのカードで、5,000円相当のものと交換するのに必要なポイントを例に考えてみましょう。
100円で1ポイントのカードでは5,000ポイント必要とすると、そのカードの還元率は1%ですね。
それに対し1,000円で1ポイントのカードは300ポイントで交換できるとしたらそのカードの還元率はおよそ1.7%となり、こちらの方が利用額に対する還元率が高くなります。
これらのポイントを踏まえ、ぜひじっくりと比較検討してみて下さい。