カードローンの審査

業者で異なる審査基準

イメージ

カードローンの申込みをした時には、まず審査に通る必要があります。
この審査に通らないとカードローンが利用できません。
借入審査の基準は、銀行や金融会社それぞれで異なります。
ですから、A社の審査に通らなくてもB社の審査には通ったり、C社の審査には通ったけれどD社の審査には通らなかったりといったことが起こります。
確実に審査に通りたい場合には、自分の条件に合ったカードローンを選ぶことが大切となります。

審査のレベルを予想

一般的には、年収が少なくて不安定な方や他社でも借入れをしている方、あるいは高額な借入れの申込みをしている方などは審査に通りにくくなっていますが、細かく見てみると条件はさまざまなようです。
消費者金融か銀行系、あるいは銀行単独で発行されるかによって、条件の厳しさが異なりますので注意しましょう。
カードローンの比較サイトなどを見ると、審査が比較的甘いのか、それとも厳しいのかなども記載されていることが多いですから、条件的に厳しいなと思う場合は、審査承認率が高いところを選ぶようにすると良いでしょう。

審査OKなら適切な利用を

カードローンの審査結果は、郵送またはメールで返ってきます。
審査に通った場合は、クレジットカードが配達記録で届くのが一般的です。
クレジットカードが手元に届いたら、通常はその日から利用することができますので、決まり等にしっかりと目を通した上で、適切な使い方をするようにしましょう。

審査に落ちた理由を考える

条件などによっては、審査に落ちることもあります。
ただし、冒頭で説明したように1社のカードローンの審査に落ちたからといっても、他の会社のカードローンの審査にも通らないというわけではありません。
それぞれに条件や傾向などがありますので、他のカードローンに再チャレンジすると良いでしょう。 その際は、なぜ落ちてしまったのかということをきちんと見返しておくことが重要です。
条件面がよくなかったのなら条件が悪くても通りそうな会社を探したり、限度額が高かったならば金額を見直したり、経験を踏まえて対策を立てておくことによって、次は通りやすくなるはずです。
反省をせずに闇雲に申込むと手間と時間だけがかかってしまたり、場合によっては何社にも申込みをしたことで審査に通りにくくなったりしますので注意しましょう。