消費者金融の借入れ審査

主な審査項目は3つ

イメージ

消費者金融会社の審査は、主に3つの項目によって行われるといわれています。
その3つを事前に知っておくことで、より審査に通りやすくなるでしょう。
常識に照らし合わせれば十分に対応できる範囲のことばかりですので、身構えることなく誠実に対応すれば問題ありません。

消費者金融の利用状況

消費者金融会社の審査で最初に行われるのは、申込者のこれまでの借入れの利用状況です。
他の会社からいつどれだけの額を借入れ、どのような返済方法でどれくらいの期間で返済したか、あるいはまだ返済途中なのかという点です。
同時に申込書類の記載内容とそれらの情報を照合し、偽りがないかという点もチェックします。

判断されるのは返済能力

この際に見られる部分は、返済能力です。
申込者に、返済をする能力がどれくらいあるかという点が最も重要視されます。
他社分をまだ完済していない人や、程度にもよりますが延滞したことがある人は評価が低くなります。
特にマイナス査定となりやすいのが、複数の会社から借入れをしている人です。
そのため、借入れをする際は多数の会社から少しずつ借入るより、一社にまとめたほうが後々有利になります。

属性スコアリング

この他の査定項目には、「属性スコアリング」というものもあります。
消費者金融への申込みをする際には申込書類に個人情報を記載しますが、それぞれの項目がそのまま評価されていきます。
具体的には、勤続年数、居住形態、居住年数、勤務先、保険種別等といった項目が審査の対象となります。 当然、勤続年数は長い方が有利ですし、居住形態は持ち家である方が有利です。
勤務先に関しても、企業の規模が大きいほど高評価で、自営業やパートは借入れの審査という意味においては評価が低くなります。

在宅確認

ひと通り審査が終わったら、申込み内容に虚偽がないかの最終確認と、在籍、在宅の確認をします。
確認といっても、自宅や勤務先に直接来ることはありません。
申込者が申告した勤務先に本当に勤めているか、自宅の電話番号は合っていて実際に本人がそこに住んでいるかを電話で確認します。
申込みの事実を口外してはいけないというルールがあるため、社名を名乗って勤務先や家族に電話をすることはなく、あくまでも本当にいるかどうかを個人名でさり気なく確かめるのみです。