クレジットカードの審査基準

会社や状況によって変わる審査基準

イメージ

クレジットカードの申込みをすると、利用者が借入れできる状況にあるかどうかを調べる審査が行われます。
審査基準はカード会社によって異なり、詳細は極秘事項になっていますが、大まかなところはわかっています。
申込むカード会社によって基準が異なるため、あるカード会社で審査に落ちても、別のカード会社の審査には通るという事態も起こり得ます。
また、社会情勢や時代の流れによって審査基準も異なるので、同じカード会社への申込みで、今は審査に落ちても、少し期間をおいて申込めば通るというケースもあります。
近年はクレジット会社にとって厳しい条件となる法改正に伴い、審査が徐々に厳しくなっているのが現状です。

返済能力の有無

クレジットカードの審査では、まず利用者の返済能力(資力)の有無が基準となります。
具体的には、収入を得る手段として、職業や勤務形態、勤務年数などに着目します。
社会的にも知名度の高い大手企業の社員や弁護士、公務員などは比較的年収が高く、社会的にも安定した職業とみなされ、アルバイトや派遣社員よりも正社員の方が年収が安定していることからも、審査では有利となります。
また、勤務年数も同じ職場に長く勤めているほうが信用できるとみなされ、審査が有利に進みます。

担保の有無

利用者にどのくらいの担保(資産)があるかという点も、クレジットカードの審査基準となります。
担保については、住まいがマンション一戸建てに限らず、持ち家かどうかがポイントとなります。
持ち家の場合は引越しをすることもほとんどないため、連絡がつかなくなる恐れもなく信用度が高くなります。
それに対し引越しを繰り返していたり、賃貸に住んでいたり、消費者金融からの借入れ件数や借入額が多かったりという状態の場合は、審査で不利になることがあります。

利用者の性格

クレジットカードの審査基準では、利用者に借金の返済の意志(性格)があるかどうかも、重要なポイントです。
いくら資産や資力があっても、利用者に期日までにきちんと返すという意識が低いと、審査に通らないこともあります。
過去に借入れ経験があって返済が長期的に遅延していたり、繰り返し何度も遅延していたりする場合や、債務整理や自己破産をしている場合は、返済の意志が弱いとみなされます。
反対に、借入れの実績があってもきちんと返済していれば、信用度が高いとみなされることもあります。