無職での借入れ

借入れの審査基準

イメージ

キャッシングやカードローンなどで借入れの申込みをすると、返済能力や金融事故の有無などを調べ、その人に貸付してもきちんと返済する見込みがあるかどうかの審査が行われます。
審査では、仕事に就いていて一定の収入があるかどうかも問われます。
一般的に、公務員や大手企業のサラリーマンなど、収入が高く比較的安定した職業についていると、返済能力が高いとみなされて審査に通りやすくなります。
それに対し無職の場合は、職業が定まっておらず収入もないために、返済の見込みがないとみなされ、審査に通らないので借入れはできません。

専業主婦や学生の場合

無職と同様に、職業に就いていない専業主婦についても、本来ならば借入れができないのでは?と考えられます。
しかし、専業主婦の場合は配偶者である夫が審査の対象となるので、夫が仕事に就いて収入を得ており、加えて夫の同意が得られれば借入れが可能です。
また、学生の場合も同様に、職業に就いていないので収入がない、もしくはアルバイトで稼ぐ程度と少ないですが、学生ローンがあるように借入れは可能です。

無職でも借入れできる場合

無職の人は返済する能力がないため借入れができないのが原則ですが、無職でも借入れができるキャッシングもあります。
とはいえ、アルバイトも何もしていなくて完全に収入がない人だと、いくら無職OKのキャッシングでも、法律上の問題もあり借入れはできません。
しかし、たとえば定職には就いていないけれど何等かの仕事で収入は得ているという場合は、収入があることを証明できれば借入れができるかもしれません。

無職の捉え方はさまざま

また、派遣会社などに登録していて派遣先が決まっている場合などは、派遣会社に在籍確認がとれれば借入れが可能なケースもあります。
無職といっても、今どのような状態の無職なのかということで業者によって捉え方もさまざまなので、問い合わせて確認してみるのも良いでしょう。
ただ、定職に就いていない状態で借入れをしようとすると、利用できる業者が限られてくる上、現実的に審査に通ることは難しいとも考えられます。
そのため、アルバイトや派遣社員といった形でも仕事に就いたほうが借入れができる可能性が高いでしょう。