カードローンの返済方法

返済方法は重要!

イメージ

利用するカードローンをどれにするか決定する場合、金利などと併せてチェックしておくべき項目のひとつに返済方法があります。
意外と見過ごされがちですが、返済方法によって全体として支払う金利額にも大きな違いが出てくるため、しっかりと押さえておくべきポイントといえます。
カードローンの返済方法は、大きく分けて「元金均等方式」「元利均等方式」「リボルビング方式」の3つに分けられます。

元金均等方式

「元金均等方式」は、借入金額を返済回数で割ったものを毎月の返済額として返済していくスタイルです。
利息は返済金額の残高によって決まってくるため、他の返済方法に比べて利息を低く抑えられるというメリットがあります。
返済金額が減っていけば、それに伴って加算される利息も小さくなっていきます。
前倒しで返済できる場合などには、特にお得な返済方法といえますね。

元利均等方式

「元利均等方式」では、元金とそれにつく利息が最初に決定され、その合計金額を返済回数で割って毎月返済していきます。
全体の合計金額が最初からわかっているため誰にでもわかりやすく、返済の計画が最初から最後まで見えやすいのがメリットです。

リボルビング方式

「リボルビング方式」は、クレジットカードをお使いの方にはおなじみの返済方法でしょう。
毎月の返済額を無理のない範囲に抑えて返済していけるのがメリットといえます。
その分、返済期間がかなりの長期になる可能性が高く、あまりにその期間が長くなると、利息が元金を上回るケースもありえます。
毎月の返済額も大切ですが、元金につく利息がどれくらいになるのかということをあらかじめよく確認しておく必要があります。

自分に合った返済方式を

このように、それぞれの返済方法にメリット、デメリットがありますので、自分の状況に最も合った返済方法を採用しているカードローンを選ぶことが重要です。
全体の返済額を一番に考えれば、元金均等方式が最もお得といえますし、毎月の収入が安定しにくい人には、月ごとの返済を小さく抑えられるリボルビング方式が魅力的といえるでしょう。
できるだけお得な金利や便利なサービスを備えているカードローンというポイントに加え、この返済方法の違いも自分にぴったりのカードローンを選ぶためのポイントに加えましょう。