消費者金融への返済方法

多様化する返済方法

イメージ

消費者金融でお金を借りた場合の返済は、ひと昔前なら銀行から借入れをしている業者が指定する口座へ振り込んだり、現金書留で店舗宛に送ったりというのが一般的な方法でしたが、現在ではそうした従来の返済方法に加え、さまざまな方法が加わっています。

店頭窓口での返済

住まいや勤め先の近くに借入れをしている業者の店舗があれば、店頭窓口に出向いて返済する方法がおすすめです。
返済以外にも手続きがある場合や一括で返済する時などは、直接店舗に出向いたほうが良いでしょう。
店頭での支払いなら、銀行振込のように手数料がかかることもありません。

ATMからの返済

次に金融機関のATMで手続きする方法があります。
人目が気にならず、いつでも支払えるというメリットがあることから、最近はATMで返済を済ませる人も増えているようです。
また、借入れをしている金融業者が提携しているコンビニのATMからも返済が可能です。
コンビニならどの地域にも住まいの近くにあるでしょうし、気軽に入りやすく24時間365日営業しているので便利です。
大手の金融業者などはかなりの数の提携ATMがあるため、この近くにはないということも少ないでしょう。

ネットからの返済

インターネット環境が整っている方なら、パソコンや携帯電話から返済することも可能です。
自分が口座を持つ銀行の、インターネットバンキングを利用して送金する方法です。
いつでも自分の都合の良い時に手続きができ、お店などに行く手間と時間も省けるため、この方法を利用する人も増えてきています。

ひと通りの方法を把握しておきましょう

この他、金融業者の指定口座に振込をしたり、現金書留で送ったりする方法もあります。
インターネットやATMなどに慣れていない方はこちらのほうが安心かもしれませんね。
このように、消費者金融の返済方法は多岐にわたっています。
いろいろな返済方法があることを頭に入れておけば、いつもと違う状況でも対応できるでしょう。

支払期日について

ちなみに支払日は、契約した時に決定されることがほとんどです。
毎月何日と指定されたり、35日周期など自分で選択できたりとさまざまです。
期日に遅れてしまうと信用をなくすことになるので、しっかりと把握しておきましょう。