消費者金融の返済を延滞した場合

うっかり忘れをしない

イメージ

消費者金融への返済の方法は、銀行振込、コンビニなどのATM、店頭での返済などさまざまな方法がありますが、それでも返済ができず遅れてしまった場合は、一般的には数日後に催促の電話がかかってきます。
ただし、1回目ならば単純に返済期日を忘れたということもあり得るのでそれとなく連絡がくることが多いですが、自宅ならば家族が電話に出たり、会社では同僚や上司が電話に出たりすることもありますので、返済日はしっかりと覚えておきましょう。

遅れる場合の対応

何らかの事情によって、どうしても期日に間に合わず延滞してしまう場合は、自分から「遅れます」と連絡を入れるようにしましょう。
同じ延滞する場合でも、自分から事前に電話を入れておくのと、催促されてから謝るのとでは、業者側が受ける印象がまったく違います。
今後にも影響することになりますので、延滞する時の対応には注意が必要です。

延滞を続けると…

電話で催促をしても支払いがない場合は、次に書面で催促がやってきます。
さらに無視をしていると、原則としては3ヶ月分の延滞をした時点で個人信用情報機関に金融事故として遅延履歴が残されるといわれています。
この場合はすぐに返済するよう要求されるだけでなく、遅延履歴が抹消されるまでは他の金融機関からお金を借りることが難しくなります。

1日の遅れが大きな問題に…

きちんと返済をせず、延滞を続ける人は多重債務に陥る可能性が高くなります。
他の金融機関からお金が借りられなくなる前に融資枠が減額されるため、他の会社からもお金を借りることになり、多重債務に陥ってしまうのです。
借りている側としては、1日くらい遅れても問題ないのではないかと考えてしまいがちですが、貸している側にしてみれば1日返済が遅れることは大きな問題なのです。

社会人としてのマナーを忘れずに

最近は消費者金融など金融業者が増えていますが、お金を借りるのにはマナーがあります。
たとえ1日であっても、遅れる場合、遅れてしまった場合はそれなりの対処をすることが重要です。
しっかりとした対応をしないと、最終的には借入れがしにくくなるなど、自分が困った状況に陥ってしまいます。
その点をよく肝に銘じ、計画的にマナーを持って利用したいものです。