クレジットカードのキャッシング枠の設定

不正使用を避けるために

イメージ

クレジットカードには、買い物などで使うショッピング枠と現金を借りるキャッシング枠とがあります。
ショッピングで使うことのほうが多いものの、手元にお金がない時にはキャッシング枠は便利なものです。
しかし、クレジットカードをなくしたり落としたりした時に、キャッシング枠ギリギリまでお金を不正に借りられてしまうという心配もあります。
クレジットカードは買い物でしか使わないという方は、あえてキャッシング枠をゼロにしておくのも良いでしょう。

ゼロにしたことを忘れないで

このような安全策をとった時には、それを忘れてしまわないことです。
カード発行の時に設定する場合も多いため、時間が経つと忘れてしまうことがあるのです。
急にお金が必要になった時に、キャッシング枠をゼロにしたことを忘れて使用できないと焦ってしまう人もいるようです。
海外旅行の時など、もしかするとキャッシングが必要になる場面があるかもしれないと考えると、ゼロにしてしまうよりも枠を小さくする方が良いいかもしれません。
足がつきやすいと言われている盗難の際のショッピング枠の不正使用も、キャッシングできないとなれば使われてしまう可能性もあります。

紛失時の対応

クレジットカードを紛失したら、悪用されないようすぐにカード会社の緊急連絡先に紛失したことを知らせ、カードを使えないように停止してもらいましょう。
さらに最寄りの警察署もしくは交番に紛失の届け出をします。 警察に紛失届を出せば、カードの再発行手続きが可能となります。
カード会社の指示に従い、紛失したカードを無効とし新しいカードを発行してもらう手続きをしましょう。 カードの再発行手数料はカード会社によって異なりますが、ゴールドカードは無料で通常のカードは有料としているところが多いようです。

補償をあてにしていると大変なことに

クレジットカードには、盗難されたり紛失したりした時に不正に利用された場合の補償制度があります。
そのため、キャッシングできるようにしていても良いのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。
しかし、このような補償制度には条件があり、キャッシングには適用されにくいことがあります。
キャッシングを利用する時には暗証番号が必要なため、第三者に推測されにくいものにするなど、個人できちんと管理することとされています。
そのため、万が一推測されてキャッシングされた場合には、補償はなくなってしまうのです。
たとえ推測されにくいものであったとしても、実際に利用されてしまうと意味がなくなります。
このようなケースは数少ないと思われますが、本当に万が一のことを考えるなら安全策をとるにこしたことはありません。

キャッシング枠をゼロにするには

キャッシング枠をゼロにするには、発行時なら担当者に申出ることで可能ですし、既に持っているカードでも対応してもらえる場合もあります。
大抵のカード会社で可能ですが、適用していない場合もありますので、確認しておきましょう。