希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

クレジットカードでキャッシング

約2分9秒で読めます
kp0010004322w

クレジットカードを持つことで素敵なことが起こる

キャッシングするのは消費者金融、銀行カードローンだけでなくクレジットカードでも出来るのをご存じでしょうか。それだけでなくクレジットカードを持つことによっていろいろ便利な体験が出来ます。
どこのクレジットカードで審査を受けようかと考えているみなさんに的確なアドバイスをしたいと思いますが。クレジットカードと一言でいうものの本当に一杯あって、何が何か判らないという人たちも結構多いようです。消費者金融や銀行カードローンで審査があるということは既に知っていると思いますが、クレジットカードにも当然審査というものがあります
ゴールドカード、プラチナカードというものもありますが、 利用限度額が大きいということで、当然より以上審査基準が厳しいと言うことになります。

なかなか審査基準を知ることが難しい

クレジットカードはまず信用のある人にしか貸し出しすることはありません。 その為に三つのCを重視していると言われています。Capacity(キャパシティー)、
 Character(キャラクター)、Capital(キャピタル)であり、返済能力、性格、資産を意味しています。この中で敢えていえば、Capacity(キャパシティー)が一番重視されているのでしょう。
そしてCapacity(キャパシティー)がしっかりしているといっても、頻繁に延滞する性格という場合、やはりなかなか審査に通過しないということになります。
不動産や貯蓄があるということがCapital(キャピタル)です。突然会社をやめてしまたっりというリスクのことを考えてここまで審査されることになります。
ただし、どのクレジットカードでもCapital(キャピタル)が大事かといえば、ここまでしっかり審査しないクレジットカード会社もあります。それなりハードルが低いクレジットカードもあるようです。

クレジットカード会社で審査されること

クレジットカード会社では、年齢、勤務年数、職種、年収、 居住年数、 家族構成、 住居形態といったものが審査されて行きます。
職種では、 高い年収が継続して得ることができるであろう仕事に就いている人たちが審査に有利に働くことになります。
医師、弁護士、公務員という仕事に就いている人たちの方が、自由業というよりは全然審査に有利に働くことになります。当然歯科医も医師ということになりますが、歯科医の高齢化も顕著になり、廃業する歯科医も増えて来たということで段々とクレジットカードでの評価が下がって来ていると言われています

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加