希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

クレジットカードの手軽なアルバイトというのは非常に危険である

約1分36秒で読めます

カードローンを組んで、暗証番号を教えてくれればアルバイト代として高額なお金を上げる・・・という話を聞いたことがある人はいないでしょうか。

怪しい、嘘に決まっていると思ったあなたは大正解です。

このようなアルバイトは非常に危険であり、詐欺事件にも発展します。

暗証番号を教えるということは、相手に借金し放題の権利を与えるようなものです。当然カードローンの名義は自分にあるのでそのまま放置をしていけば、借金の返済義務が発生します。

このような詐欺は知らないところで頻発しており、決して他人事で済ましていくことはできないでしょう。

 

ひっかかってしまうと被害者であるのに大変な目にあうかも・・・

この詐欺の怖いところは、カード上、契約上ではしっかりと借金が存在してしまっている点です。たとえ騙されてしまったという事情があっても借金の全てがなくなるわけではありません。そのためできる限り早くカードを止め、素直に警察に相談をするのが一番です。

 

アルバイト代ということですが、その後借金をされてしまえばそのアルバイト代なんかはあっという間に消えてしまいます。何も特はなく場合によっては自分の信用を大きく落としてしまうこともあるので、絶対にこのような話に乗ってはいけません。

断固として断らないとその後大変な目にあってしまうかもしれません。

 

※上記のことはカードを落としてしまった場合も同様です。カードを落としてしまった場合、詐欺にあっているというわけではないので、事件性は低くなるかもしれません。また相手に暗証番号が伝わっているリスクも低いので、いきなりカードを利用されてしまう可能性も低いです。しかしカードを止めず、放置をしてしまうようなことがあれば勝手に借金をされて知らない間に、金額が膨れ上がってしまうことはあるので、素早くカードを止めることは大切です。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加