アコムまとめ

目次
ご利用は計画的に!
    – 借りる前に調べて置きたいアコムでの借入限度額
    – アコムでの借入と連帯保証人
    – アコムでの借入と年齢制限
    – アコム利用の際における融資までの流れ
    – 総量規制とアコム
基礎知識
    – 利用の際に必要な物
    – 利息と返済金額の計算方法
    – 返済方法の種類
    – 審査のポイント
    – 返済期日
紹介!アコムの特徴
    – 即日融資
    – 3秒審査?
    – 借り換え専用ローン
    – 借入方法
    – むじんくん
利用者体験談

ご利用は計画的に!

借りる前に調べて置きたいアコムでの借入限度額

CMでおなじみのアコムですが、利用する前に借入限度額をしっかり調べておくことが必要です。
アコムでは最高500万円の借入限度額が用意されています。最初から500万円の借入限度額が設定されているということではなく、上限額は審査によって決まります。

借入限度額の範囲内ならなんどでも利用でき、急な出費から継続的に借りたいときまで大変便利ですが、借入状況によっては限度いっぱいまで借りられないケースが生まれてきます。
消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、貸金業者からの借入残高は、総量規制で年収の3分の1以上を超えてはいけないことになりました。(総量規制とは貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制 平成22年6月18日より完全施行)
借入限度額の範囲でもこの規制に引っ掛かると借りることができませんし、アコム以外の借入でも貸金業者からの借入なら総量規制の対象となるために注意が必要です。

アコムでは契約後に指定口座に即日振込も可能

アコムでは契約後に指定口座に即日振込も可能なので、お急ぎで現金が必要なときに大変便利です。アコムの自動契約機に来店すれば21時までお申し込みが可能です。
自動契約機なら申し込みから審査、審査結果、契約、カード発行もその場で完結します。あとはお近くのATMから必要なお金を借りるだけでカンタンです。
返済方式は定率リボルビング方式で無理のない月々のお支払ができるようになっています。もし返済が遅れてしまうとペナルティーがかかることがありますので、ご利用前にしっかりと返済計画を立てましょう。

アコムでの借入と連帯保証人

アコムは銀行と異なり融資の際の審査基準が比較的緩く、審査にかかる時間が短いというのが主な特徴です。そのため急にお金が必要になった場合などに利用する人が多いです。
通常は借金をする場合には担保が必要になりますが、アコムの場合は原則的に連帯保証人は必要なく、信用貸しというスタイルを取っているため、個人だけで契約が可能です。

【 アコムには関係ありませんが、担保とは?について少し詳しく 】
担保には物的担保と人的担保があり、それぞれ物を対象にした場合と人を対象にした場合を指します。物を対象にした担保は抵当権が代表的で土地や建物を持っている場合に使う事ができます。人を対象にした担保は保証人が代表的です。そして保証人には通常の保証人と連帯保証人があり、それぞれ内容が異なります。
連帯保証人には催告の抗弁権と検索の抗弁権がありません。そのため、債権者(貸し手)は借金をした本人である主債務者に弁済を請求せず、最初から連帯保証人に請求する事が可能になります。
また債権者(貸し手)が強制執行をかける際にも主債務者にたいして行わず、連帯保証人に対して行う事ができるようになっています。そのため債権者(貸し手)にとって非常に有利になります。
借入れをする際には連帯保証人が必要になる場合が多々あります。その際にはトラブルを避けるため、保証人になってくれる人には十分に理解してもらった上でなる事が大切です。 また保証人になってくれた人に迷惑をかけないようにするためにも、きちんと期日までに借金を弁済しておく事が大切です。

アコムでの借入と年齢制限

アコムというと審査からキャッシングまでスピード対応、インターネットからも審査可能というイメージから、誰でもすぐに借りられると思われがちです。
しかし、アコムの借入審査の規約をしっかり確認してみると、お申し込みをする前に必ず知っておきたい審査基準があるのです。
そこで今回は、その中でも特に重要な借入時の年齢制限について説明していきます。
まず、年齢制限があること自体知っていましたでしょうか? もちろん未成年の方は借りられないのは常識ですが、アコムの審査基準ではもう少し対象年齢が上がり、20歳未満の方は借入できません。また、上限にも年齢制限があり、こちらは70歳以上の方が同じく借入対象から外れます。つまり、借入審査可能年齢は20歳~60歳迄の方が対象となるのです。
これはたとえば現在、社会人や自営業など、働いている方でも例外ではありません。収入の如何によって借入可能とはならいのです。
アコムでの借入可能年齢は成人以上からとなります。実は、この年齢制限はアコムだけが特別設けている規約ではないのです。ほとんどの消費者金融機関で、20歳以上の方を借入対象にしているのです。逆に20歳以上の方で、正社員ではなくアルバイトやパートといった雇用形態の方でも、借入審査を受けることができます。
つまり、一定の収入があれば借入可能なのです。緊急の入用があるとき、収入面には全く問題ないのに借入でない場合は年齢に引っかかっている場合もありますので、ご注意ください。

アコム利用の際における融資までの流れ

アコムで融資をしてもらう場合、融資までの流れはどのようになっているのでしょうか。
まずインターネットでアコムの融資をしてもらう場合には公式サイトを訪問してください。申し込みボタンがありますので、規約をよく読んだ後にクリックをしてください。
(24時間いつでも申し込みができます。)
そしてアコムから確認の電話やメールが来ます。電話の場合には別名を使ってかけてきてくれますので家族にアコムを利用していることがばれずに済みます。
そのあと本人確認書類や収入を証明する書類を提出するのですが、アップロードという手段、そしてファックスなどでも提出をすることができます。これらの書類を確認した後アコムによる審査が開始されます。
審査で融資が可能となりますとその通知がアコムから来て、契約のお願いもこの流れで入ってきます。そして確認をした後に同意→契約となります。

契約の締結後は公式サイトにて会員ログインをした後に、振り込みによる借入が可能になりますので、自分の指定した銀行に振り込みをしてもらうことができるようになります。
もしもカードローンを利用する場合にはカードが後日自宅に送られてきます。
無人契約機による契約の場合は、あらかじめ本人確認書類などを無人契約機に持っていき、オペレーターのガイダンスにより機械の操作をし、そのあと審査が終了しますとカードが自宅に送られてきます。簡単な流れで便利に利用できるようになっているのです。

総量規制とアコム

アコムでは最高500万円までの借り入れが利用できるカードローンサービスを展開しており、期日前返済やネット返済に対応している為、安く多額のお金を借りるのに最適です。また、アコムのカードローンは実質年率が4.7%から18%と低めに設定されているので、利息を最小限に抑える事が可能となっています。
アコムのカードローンで多額の借り入れを利用する際に注意しておくべき点として、改正貸金業法による総量規制が挙げられます。
※改正貸金業法での総量規制は借り入れの総額が3分の1に制限される制度です。

この法律改正によって、最高500万円まで借りられるアコムのカードローンであっても、個人年収の3分の1を超える借り入れを利用できなくなりました。つまり個人年収が300万円の人は、他社を含めた借入残高が100万円を超えての借り入れは利用できないので、注意しておく必要があります。
総量規制による制限は、キャッシングやカードローンによってお金を借りる行為が対象とされ、クレジットカードのショッピング枠の利用分や住宅ローン、自動車ローンなどは含まれません。結果的に年収300万円の人は、返済によって他社を含めた借入残高が100万円を下回った段階で、アコムのカードローンによる借り入れを再開できます。
総量規制の制度導入によって、個人年収が少ない人はより計画的な返済を行い、借り入れの全体総額に余裕を作っておく事が大切になってきます。

基礎知識

利用の際に必要な物

最近では、借金に対しての抵抗感は大分和らいできました。また、若年起業家などが積極的に融資を希望するケースも増えてきているので、借金がマイナスのイメージから脱しつつあります。
だからこそ、融資を受ける際には、最低限の知識をもって臨みたいところです。

ここでは、アコムを例にとって考えてみます。
まず、アコムに限らず、借金をしたい場合には身分証明書が必要な物として挙げられます。身分証明書としては運転免許証や保険証などがあります。また、住民票でも可能な場合があります。
アコムの場合には、上記のいずれでも可能です。融資額の合計が50万円以内であれば、身分証明書がは特に必要な物はありません。しかし、50万円を超える融資を希望する場合には、収入を証明する書類が必要になります。例としては、源泉徴収票や所得証明書などです。
事前に必要な物をあらかじめ揃えておく事で、無駄なくスムーズに融資を受ける事ができるので、きちんと整理してから金融機関を利用したいものです。

利息と返済金額の計算方法

お金を借り入れる前に、しっかりと利息について理解しておくと、無理のない借り入れをすることができます。
アコムの場合、借入残高に借入利率をかけて、そこで得られた金額を365日で割って、その金額に借り入れる日数を掛けるという方法によって利息を計算しています。うるう年の場合は、365日ではなく366日を用いるので、注意が必要になります。
アコムでお金を借り入れる前には、この計算式を十分に理解しなければなりません。
とはいえ、難しい計算ではないので、自分が借り入れたい金額を計算式に当てはめれば、簡単に利息の計算ができます。返済金額を計算して、自分が返済していくことができると判断できた場合に、実際の借り入れを行うようにします。
消費者金融の中でも、アコムは優良な経営をしている業者なので、顧客に対して良心的な対応をします。詳しい返済シミュレーションをしたい場合は、アコムの担当者に相談することで、しっかりと教えてもらうことができます
アコム側としても、きちんと返済してもらえるようにするため、真剣に対応しています。返済できる金額を借りることは、借り入れをする側の努力義務です。

返済方法の種類

アコムで借入れた場合、いくつかの返済方法の種類が利用できるようになっています。毎月の返済をスムーズにするためにも、きちんとその方法を知っておきましょう。

その1:インターネットからのお支払い

インターネットバンキングの手続きをしているお客様の場合、振込み先をアコム指定金融口座から振込みが可能です。インターネットということもあり、24時間365日利用できるのは大変便利です。思わぬ振込み忘れにも、すぐに対応できるので利便性がいいといえますが、振込手数料はお客様負担となります。

その2:ATMからのお支払い

アコムATMやアコムが提携している金融機関等のATMでの支払いが利用できます。
(提携ATMを利用する場合は、利用手数料はこちらの負担)

お支払できる時間は、基本的にはアコムATMや提携ATMにて最大24時間、いつでも利用可能です。
※詳しくはアコムのホームページをご覧下さい。

その3:店頭窓口からのお支払い

全国各地にあるアコムの店舗窓口からの支払いが可能です。借入返済の相談をしたい場合でも、担当者が対応してくれます。営業時間は平日 9:30~18:00迄となり、土・日・祝日は休業になります。また、一部店舗においては営業時間を延長して、19:00まで受付ている店舗もあります。
※詳しくはアコムのホームページをご覧下さい。

返済方法をしっかり確認して、無理のない返済をしましょう。

審査のポイント

アコムのカードローンは低金利かつ借入限度額が大きいので、比較的多額の借り入れで有用なサービスです。
また、審査時間が短く即日振り込みにも対応しており、すぐにお金が必要となった場合でも素早い対応を受けることができます
新規申込みでアコムのカードローンを利用する前の知識としても重要となるポイントをいくつかご紹介します。

審査ポイントその1:職についているか

という点です。アコムの申込みの審査基準としては、20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する人が前提となっており、年金のみの収入の方などはカードローンを利用できない点に注意が必要です。

審査ポイントその2:勤続年数をみて収入が安定しているか

という点が挙げられます。これは、返済能力があるかどうかを判断する要素の1つであり、申込みの段階で職についていたとしても継続的な安定収入を得られていないと審査で落ちてしまう可能性が高まります。逆にある程度の勤続年数及び収入があれば、アコムの審査で落ちてしまう状況は少なくなります。

審査ポイントその3:他社の借入状況

があります。基本的にアコムのカードローンは他社のキャッシングと併用する事が可能ですが、返済状況が悪く滞納していたり、多くの借り入れサービスを掛け持ちしすぎていると審査が通りにくくなります。また、他社の借り入れ総額が原因で総量規制に引っかかってしまうと、カードローンによる借り入れは受けられなくなります。

返済期日

消費者金融には様々な業者があり、借り入れの申し込み方法・審査方法・返済に関するルールなど、あらゆる点で違いがあります。したがって、自分が借り入れの申し込みをしようとしている消費者金融の情報を集めなければなりません。
アコムを利用してお金を借り入れる場合は、返済期日に関するルールを把握しておくことが大切です。消費者金融を利用する場合に最も大切なことは、なんといっても、きちんと返済することができるかどうか、という点なのです。

アコムでは、返済方法をいくつか定めており、特に多く用いられるのは 35日サイクル制というように呼ばれるものです。これは、前回の返済日から35日後を返済期日とするもので、日数が明確になっているため、分かりやすいと評価されています。きちんと返済について自己管理ができる人の場合、このシステムが便利でしょう。
アコムでは、毎日指定日という方式もあります。これは文字通り、毎日が返済期日と言える方式で、毎日返済していくことで、少しずつ元本を減らしていくこと ができます。この方式によって返済することで、どのくらいのメリットがあるかは、それぞれの借入金額や条件によって異なってくるため、個別に判断する必要があります。
各自の生活スタイルに合った返済方法を用いることが大切です。

紹介!アコムの特徴

即日融資

アコムではさらなる利用者の獲得のために、利用者目線の利便性の追求を行っています。その最たるものが即日融資です。
通常、銀行をはじめとする金融機関では融資の申込をすると審査に時間を要します。ブラックリストに存在しないか、安定した収入と定職に付いているか、また、返済の計画性などが総合的に判断されます。そのため、融資の決定には数ヶ月の審査期間を要することも少なくありません。また、定職と安定定期な収入にあること が最低条件となるので、アルバイトや学生、そして専業主婦に対しては審査の過程で落とされて融資を断られるケースが多いです。
他方、アコムではお金を貸すことを目的としている消費者金融であるので、審査に長い時間はかかりません。審査は最短30秒で結果が分かります。
最近では、貸金業法の改正によって以前は融資の対象となっていなかったアルバイトや専業主婦、そして学生にも対象が拡大しました。
アコムへの融資の申込は、インターネットまたは電話で申し込み可能です。融資結果はすぐに審査結果が出るので、待たされることもありません。アコムでは、まとまったお金が直ぐに必要であるという利用者のために、即日融資を行っています。申し込みから即日で指定された口座にお金が振り込まれるので、とても利便性が高いです。
計画的に返済すれば、利息もそれほどかからないので急にお金が必要な時も頼り甲斐があるでしょう。

3秒審査?

最短30分の審査にくわえ、たったの3秒程度で借り入れが可能かどうかがわかるチェックツールがあります
これは最終的な審査ではありませんので、目安程度にとどめた方がよいでしょう。あらかじめこの診断を利用することにより、審査に通らない場合でも無駄な申し込みの手間などを省ける十分なメリットがありますので活用してください。

借り換え専用ローン

銀行でお金を借りようとすると、厳しい審査に引っかかってしまうという人が大勢います。その場合、消費者金融を利用することが考えられます。
消費者金融は、銀行に比べると緩やかな審査で貸し出してくれるためです。もちろん、一定の社会的信用があることは大前提です。
アコムは長年にわたって健全な経営を続けている消費者金融で、利用者も非常に多いです。 アコムでは、貸金業法に基づいた方法として、借り換え専用ローンを用意しています。アコムで通常の借り入れを申し込むことも可能ですが、それ以外の方法もあるのだということを理解しておくことは大切です。複数の方法を知っていれば、状況に合わせて適切な方法を利用することができるのです。
借り換え専用ローンは、他の消費者金融で借り入れているローンを借り換えることで、毎月支払う金利や返済金額の負担を軽減することができる方法です。アコムで借り換え専用ローンを申し込むことによって、毎月の返済プランを見直して、最も有利な形で返済していくことが可能になります。
アコムの借り換え専用ローンは、貸金業法という法律に基づいているシステムのため安心して利用することができます。年収の3分の1を超えて借り入れをしている方、つまり総量規制の限度を超えている方にとって、特に有利なシステムと言えるもので、返済しやすいプランを考えていくことができます。

借入方法

アコムで借り入れる場合、借入方法が複数あるため、どの方法を用いるかを考える必要があります。自分にとって便利な方法を用いればよいのです。
たとえば、最も基本的な方法はアコムの店舗に行き、窓口で直接借り入れの申し込みをする方法です。窓口を経由しなくても、ATMを利用することも可能です。しかし、忙しくて店舗に行けない人もいるため、アコムではインターネットによる方法と、電話による方法も用意しています。
電話で申し込みをすると、担当者と話をすることができるため、分からないことを口頭で確認することができるメリットがあります。しかし、電話受付は時間が限定されているため、深夜にしか時間が取れないような人は、インターネットを用いることで、時間を気にせずに借り入れの申し込みをすることができます。

むじんくん

アコムのむじんくんは、朝の9:00~夜の9:00まで営業しているために、仕事で忙しい人でも比較的、楽に利用する事が出来ます。また、むじんくんといえども、オペレーターにつないで話をする事も出来ますので、困った時でも適切な対応を受ける事が出来るのが嬉しい点だと言えるでしょう。
アコムはこのようにお客様に対して真摯な対応を行っていますので、安心してキャッシングが可能となっています。申し込み方法も、とても分かりやすくなっており、タッチパネルを使った方式で入力できます。また、他の金融機関から100万円を越えたキャッシングをすでにしていた場合は、パスポートや運転免許証などの本人を確認する書類が必要となります。
また、アコムのむじんくんであれば、祝日だけでなく、土曜日と日曜日においても申し込みが出来るので、とても便利だと言えるでしょう。
それゆえに多くの人から利用され、愛されている金融機関の設備だと言えます。

利用者体験談

topimg2

アコムの利用で人生が上向きに(40代 男性)

会社勤めをしています。現在は勤続年数が20年を超えていて、ある程度の給料を頂いている状態です。
会社は全国各地に営業所を持っていて、自身もこれまで何度も転勤を経験してきました。転勤をしていた頃は、まだ未熟な若年層の時代のことで、最近は何年も移動することがありませんでした。しかし、会社の情勢も時代と共に変化をしていき、熟練者であっても転勤が求められるようになりました。
今回は会社が不景気ということもあって、引っ越しに掛かる費用の殆どは自己負担です。そのため引っ越し費用が必要で、アコムを利用することになりました。
当初は定期預金を解約して費用を捻出することを考えたのですが、後に資産を守ることを考えた場合ではアコムの利用が最適と考えたためです。これまで何度か消費者金融を利用した経験があり、アコムでは早い時間帯に申込みを行うと、即日に融資されることになります。この引っ越しの辞令も急な出来事だったために、あまり考える余裕もありませんでした。
結果的にはアコムを利用したことによって、同じ会社に勤務を続けることができるようになり、危機を逃れることができました。借りた金額は50万円弱程度なので、アコムで設定している分割払いを利用することで、無理すること無く返済することが可能です。

お金に困ったらアコムでキャッシング(30代 女性)

久しぶりにデパートに買い物に言った時に、思わず見かけたブランド物のバックが私の心をひきつけてしまい、どうしても欲しかったのですが、そのお金がなかったのです。
そんな時に思いついたのが、アコムでのキャッシングでした。アコムは消費者金融の中でも有名でありますし、信頼もおけると思っていたので、25万円をアコムでキャッシングしました。ブランドバッグが欲しくてキャッシングをしましたが、これは私にとって成功だったと言えます。 ブランドバックが期間限定であったために、今買わなかったら、買う事が出来なかったからです。また、数量限定でもあったので、すばやくキャッシングが出来たことは、その時の私にとっては役に立ちました。
パートタイムで働いていましたので、返済においても不安もそこまで感じてませんでしたし、分かりやすい説明によって、分割返済方もしっかりと理解できました
このように、少しお金が足りない場合にとても役に立つのがアコムのキャッシングだという事が分かりましたので、今後また利用することがあるかもしれません。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加