希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

サイトで宣伝するだけで良い・・・は信用できない

約4分12秒で読めます

インターネットビジネスでは、よくサイトで宣伝をするだけで収入~万円!というような情報を見かけます。
はっきり言ってしまうとこのような情報は信用してはいけません。宣伝をするだけで収入を得ることはできないものです。通常のお店で考えていくと今現在、店頭で宣伝をしているだけではビジネスとして成立させていくことが難しい状況となっています。というのも同じような店、大きな店などライバルが多くいるため、店頭の宣伝だけではお客がどんどんと他のお店にも入ってしまうことになるからです。

インターネットのサイトもこのお店と同じであると言えます。インターネットの場合は、そのお店の数が膨大に膨れ上がっており、そんな膨大なお店(サイト)の中から自分のサイトをピンポイントで見つけてくれ、足を運んでくれる可能性というのはほとんどないです。

このような状態でサイトで宣伝をするだけで良いということは当然ありえません。多くの場合、宣伝だけでなく、サイトが見つけやすくするような努力をする(これだけでも非常に多くの努力が必要です。コツなどはあるにしても、コツを知っているからといって出来るものでは決してありません)必要があります。そのため宣伝をしていくことだけで「儲ける」ことはほぼ不可能です。

●なぜこのようなほぼ不可能なことを「可能なように」見せかけてくるのか・・・

これは非常に大きな問題になってきていますが、「誇大広告」などと言われることが多く社会的に「詐欺」と受け取られることも多くあります。このようなことをする背景には、お金の動きが絡んでおり、興味を持った人からお金をもらうことを大きな目的にしていると言えます。そのため極端なことを言ってしまうと情報を得た人が儲けようと、儲けることができなかろうと関係ないのです。(当然信頼問題に発展するため情報を得た人が儲けられるように働きかけることもあるようですが、儲けられなかったからと言って情報提供者が何かしらの罰を受けることはありません)

基本的に~するだけで儲かるというのはほとんど誇大表現・広告と言えるので大きな注意が必要です。仮にこれで儲けることができるとしたら非常に違法行為に近いこと、もしくは反社会的なことであることも多いです。
このようなことができないように社会の仕組みはできており、安全性か確保されていることになります。

稼げる系の話は「無責任」なことが一番の問題

~するだけで稼げる系の情報を信頼して、いざ行動に移したところ、全く利益がでない結果となった場合この責任は全て「自己責任」となることがほとんどです。当然、情報公開者が詐欺等をしていたら、責任は詐欺を働いた公開者となります。実際にはグレーゾーンのことが多く、失敗しようが成功しようが自分の責任であることがほとんどなのです。

普通のビジネスではこのようなことはありません。ビジネスの中で何か問題があった場合、ある個人が責任を全てを背負ってしまうことはほとんどなく、会社全体で責任を取ることがほとんどです。情報を公開するビジネス(投資など)であっても、公開した情報によって不利益が大きく出てきてしまう場合には、会社をもって責任を取っていくことになります。

まともなビジネスにはしっかりとした責任がつきものです。

ですが~するだけの稼げる系の情報というのは「責任」を持って公開していることはほとんどありません。稼げたら自分の情報の力とし、稼げなかったら「無視」をすることがほとんどです。それゆえにとても信頼できない情報と判断できます。

稼げると表記しておいて、稼ぐことに対して責任を取らないビジネスがまともなビジネスとは到底言えません。サポート付きと言っていても、結局は精神論しか教えてくれない、具体的なアドバイスをしてくれないことも多いです。「責任を果たそうとしない」無責任な人が行っていることがとても多くの問題を引き起こしています。

簡単に稼げる、~するだけで稼げるという情報は詐欺でなくても、とても「無責任」な情報が多くあるため、トラブルを避けていきたいのであれば、手を出すべきではないでしょう。期待に応えてくれる情報・内容になっていることはまずありません。

稼げる情報の「稼げる」についての根拠については多くの疑問が残ります。稼げている人が「これだけいる」というデータを根拠に挙げている人もいますが、情報公開している人がどれくらい関与しているのかによってそのデータが持ってくる意味は違ってきます。関与している要素が少ないのであれば、稼げている人は、自力で稼いでいった可能性が多く、情報公開している、提供している人が勝手に「自分のおかげで稼げている」と勘違いしている可能性もあります。関与している要素が多いのであれば、それはそれで疑問が残ります。データの人数が多ければ多いほど、「これだけの人数に深く関わることはできないだろう、時間的に無理」という考えが出てきます。
稼げている系の情報で出てくる根拠というのはいくらでも創作できてしまうので、稼げている根拠とはならないと考えておくべきです。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加