希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

長期投資を考える時、重要なポイント

約2分5秒で読めます

 10年単位の長期的スパンで資産運用をする際、株という投資の方法を選択したとしましょう。デイトレードなどではなく、長期的な時間軸において株で儲けたいという時、有効な方法とは何か。様々な人が様々な意見を述べるテーマですが、一つの意見として「株の長期保有」が非常に有効である、というものがあります。

 

 その理由の一つ目はずばり配当金が蓄積されていくということ。株の銘柄によって配当のある時期、回数は異なりますが、企業は株主に対し配当金を支払います。確かに一回の配当金は非常に少額の場合が多いですが、株を保有し続けていれば配当金の受け取りはずっと続くので、長期的に考えると配当金だけである程度の額は儲けることができます。ただこの際注意しなければならないのは、固定金利の金融商品と違い、株の配当金は変化するということ。増額されることもあれば減額されることもあり、経営が悪化すれば配当金が無くなる場合もあるので、注意が必要です。

 

 もう一つの理油が、日本経済全体の持続的成長の可能性が高い、という理由です。バブル崩壊以後、日本経済は停滞を続けている、という言説は非常に多く語られています。確かに経済成長のスピードは鈍化しているのは間違いありません。しかし、バブル後20数年のスパンで株価指数を見てみると、むしろゆっくりではあるが右肩上がりなのです。平成不況などと色々言われている日本経済ですが、これもまた長期的に見ると株価の値上がりは期待できるものだと考えられます。

 

 これらが長期的投資に株の長期保有が有効な理由です。しかし注意しなければならないのは、全ての株がみんな長期的に値上がりするわけではない、ということ。今が株価のピークである企業は下がるばかりなので、今株を買っても損をしてしまうだけです。ここで株の長期保有のもう一つのポイントが出てきます。それは「谷底で買う」ということ。「谷底」というのは株価のグラフの中で、株価が下がりきってこれから上がる時のことを言います。もう下がりきった時に買ってしまえばそこからは株価が上がるので、資産価値が上昇するのは簡単な話ですね。なので株価が上昇中で、景気が良いと言われる企業の株が必ずしも「買い目」であるとは限らないのです。無論、株価が谷底にある企業でも、そこから長期的に「復活」できなければ買う意味はありません。それだけの実力がその企業にあるかどうかを見極められるかどうかが、投資の成功の鍵でしょう。

The following two tabs change content below.
雨輝

雨輝

経営コンサルティングやファッション業界などの経営経験を積んだ後、ライティングの世界へ興味を持つ。現在は、書籍、雑誌、WEBなどであらゆるジャンルの記事を担当するライターおよびディレクターとして活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加