希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

業界で最低金利を実現したソニー銀行のカードローン

約3分2秒で読めます

ソニー銀行は2015年7月13日カードローンサービスを一新して提供を開始しました。ソニー銀行のカードローンは、2011年年以降新規受付を停止していましたが、ここにきてサービスを再開、一新をしました。

その結果、業界の中でも、最低金利(下限金利)を実現することができ、年2,5パーセントで利用をすることができるようになりました。借り入れ金額も最大800万円と個人融資で利用をしていくには十分な金額となっています。

ただ、実際に金利が2,5パーセントになるのは、利用金額限度である800万円を借りた時のみです。

金利がどのように動いていくのかというと、

10万円から50万円は13,8パーセント、60万円から90万円は12,8パーセント、100万円以降9,8パーセント、150万円以降9パーセント、200万円以降8パーセント、300万円以降6パーセント、400万円以降5パーセント、500万円以降4パーセント、600万円以降3,5パーセント、700万円以降3パーセント、というようになります。

13,5パーセントでも、消費者金融、カードローンの中では、とても低い金利であり、借金をしていく上での金利におけるメリットはあります。

 

なぜここに来てソニー銀行は、サービスを再開したのかというと、やはり個人向け融資のニーズが高くなってきていることが影響しています。

かつての限度額とされていた300万円までの貸し出しには年収を証明する書類の提出の必要はなく比較的自由に借入をすることができるとされています。また300万円借りる際、かつてのサービスでは6,5パーセントでありましたが、新サービスでは6パーセントと金利も下がっています。

借金をする際に金利が0,5パーセントでも違うと、それは借金返済額において大きな変化になり得ます。

月々2,000円からの返済で良いとされているが

ソニー銀行のカードローンを利用していく際に、返済方法として約定返済と随時返済があります。約定返済は、必ずその月に支払わなければいけない金額であり、随時返済は利用している人の希望で返済をすることができる金額、返済方法となります。

ソニー銀行のカードローンの約定返済は10万円以下であれば2000円とされています。10万円を超えると4000円になり、借入をする費用があがると、約定返済における金額も上がります。

どんなに金利が低くても、借金を返済する期間が延びれば延びるほど損をします。約定返済2,000円であっても、できれば目標10万円(借り入れ金額全額)として利用をしていくべきです。
約定返済は最低限返済するお金であり、できれば随時返済メインで返済をしていくことをオススメします。

 

ちなみに800万円フルに借入をした場合、約定返済は月7万円となります。逆に金額が大きいので、これくらい返さないと借金を減らしていくことが難しい状況になり得るということでしょう。(800万円の場合金利は2,5パーセントで金利としてはとても低いですが、800万円の2,5パーセントは20万円と比較的高額です。約定返済のみであるとほぼ3ヶ月必要となります。800万借りて820万円支払うということを意識して、早めに返済をしていきたいものです)

 

ソニー銀行のカードローンは個人融資としては好条件が揃っています。しかし、借金のリスク、借金を抱えることのリスクは、他の業者のローンと何も変わりません。

ソニー銀行について(サービス内容、カードローン等)

http://moneykit.net/visitor/loan/

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加