希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

田舎よりも都会のほうが良いと思う人は別に異端児でも何でもない!

約4分20秒で読めます

都会の人はよく、田舎に住みたい、田舎に憧れるというような言葉をよく口にしていきます。ですが、田舎は田舎で住みにくい要素がふんだんにあり、田舎に住みたいという人は、田舎の実情を知らない人がほとんどです。

田舎に対するイメージというのは、メディアの影響で、非常にきれいなものと写ることが多いですが、決してそのようなことはありません。
都会ほど人が集団で住むように整理されている場所はないと考えることができます。

田舎において、一番大きな障害になりやすいのは、「人間関係」と思われがちですが、実は「お金の問題」のほうが大きな障害になりやすいです。

田舎というのは地域にもよりますが、その地域特有の風習があることが多いです。

自治体の維持費、設備の維持費等、何かと多くのことでお金が必要になることも珍しくありません。ひとつひとつは数百円から、千円ほどの金額なので、それほど問題にはならないのですが、数が多く、まとめてみると大きな金額になることもあります。
またごみ等の分別でとても分別が厳しく、結局自分でごみを収集場に持ち込んだほうが、手間やお金を考えると楽ということもあります。

これらは地域で決められた決まり事となっていることも多いので、それに反すると、地域での住み心地がとても悪くなってしまうこともあります。特にお金に関する問題は、「地域の和を崩す」ということで悪評が立ってしまうこともあります。
田舎は外部の人が訪れることが少なく、どうしても閉鎖的になりがちです。それゆえに、一度問題を起こすと、あっというまにそれが地域の人に知れ渡り、その話が何年も引き継がれていくこともあります。

また近所の付き合いというのが家計に大きな打撃を与えてしまうことがあります。人との距離が近いというのは、メリットばかり取り上げられますが、些細なことでも近所の人たちにお金を使わなければいけない状況が作られがちです。「おめでたい事」「悲しい事」「地域の行事」等、毎回お金を取られてしまう、何かとお金を使わなければいけない状況になりがちです。

このようなことから、田舎はお金の問題を多く抱えがちです。貯金がない状況で田舎に足を踏み入れてしまうと、お金の問題で引越しがスムーズにできない・・・なんてこともあるので大きな注意が必要です。

東京以上のメリットは田舎にないと思っておくことが大切

田舎が悪いということではありませんが、「田舎は都会よりも良い」というイメージは大きく間違っています。田舎は都会に比べて物価が高くなりがちであり、些細なことで都会よりも大きな料金が必要になりがちです。田舎の場合、お店での競争というのは起こりにくいです。それゆえに、価格が下げる必要がなく、かつ地域の人から一定以上の需要があるので、都会よりも商品が高めに設定されがちです。

田舎は自然が豊富とされていますが、田舎の自然は人が入れないような環境です。知識がない人が勝手に入ってしまったり、手を出すと、土地の所有者とトラブルになったり、動物、植物等で命に関わる状況にることもあります。このような自然を、より人の生活がしやすい状況に作り直したのが都会とも言えるでしょう。また都会でも「自然を豊かに」という社会的な動きが出てきています。都会の「自然」は人が生活しやすい環境を土台として作られているため、都会の自然の方が人からしてみると馴染み易いものとなります。

もともと田舎に住んでいた人が、都会に出て、田舎に戻って「やはり田舎のほうが良い」と思うことは当然です。自分が育った場所は、よく知っている土地、馴染みのある土地、思い出のある土地です。ある程度の不便さがあっても、それらを全て多い尽くしてしまうほど魅力があります。

しかし自分と全く関係のない田舎に行っても「不便さ」だけしか感じない人がほとんどです。それゆえに「安易に田舎暮らし」をイメージすることはオススメしません。

仕事や目的があり、田舎に行くのは良いですが、イメージや幻想を追って田舎に行くことはお金の面でも良くありません。

 

貧困者でも住めるのが都会

都会と田舎で都会が良いと言える最大の理由として、「貧困者」でも都会は住めるということです。

田舎と言うと、収入が低い人が多いというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、そのようなことはありません。安定した収入手段を持っていたり、資産を多く持っている人も当然います。このような状況でないと田舎では暮らせないという見方もできます。

都会は、ある程度生活のランクによって店や施設を使い分けていくことができますが、田舎はそれができません。そのため田舎に行ったら出費がとても多くなったという人も珍しくないのです。

 田舎も都会も一長一短です。田舎の人がもつ都会の幻想と、都会の人がもつ田舎の幻想では、後者のほうが結果的に損をする可能性が大きいです。「そこに住んで良いのか」を冷静に判断する判断力がとても大切になります。

※ここでは田舎のデメリットを前面に出しましたが、田舎にも当然メリットはあります。しかしあまりにも都会の人は田舎のデメリットから目をそらしてしまうことが多いため、デメリットを強調させてもらっています。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加