希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

なぜお金の知識が必要なのか

約1分45秒で読めます

誰もがお金持ちになりたいと思っていますよね。しかし日本の学校教育では不思議なことに、お金の教育がほとんどありません。これは国にとって都合の良い労働力を大量に生産することの方が利益が大きいからです。ここではなぜお金の知識が必要なのかについて紹介します。

お金の知識がないと生活できない

現在30代の人は、親の世代とは全く違ったお金の状況になっているため、今まで親世代では通用していた、大企業に入って家を買って貯金さえしておけば大丈夫というような甘い世の中ではなくなってきました。銀行金利も8%の時代と現代の0金利時代では貯金の意味も大きく変わってしまいます。つまり、銀行や郵便貯金に貯金をしておくだけでは、絶対にお金が足りなくなるのです。そうならないためにも、しっかりとお金の知識を付け、時代に適応した生活をしていく必要があります。

お金の知識はどんどん入れ替わる

実はお金の知識はどんどん入れ替わるのです。例えば、住宅ローン設定者に対する税制優遇などは細かく変化していきますし、年金制度も改定が繰り返されていますよね。さらには金融商品も新たな設定のサービスが次々と現れ、古い商品を駆逐していきます。つまり、お金に関する知識は陳腐化することがあるのです。資産運用を考えている人が、まだお金がないのに今から細かい商品の条件などを覚えたとしても、実際に資産運用を開始する時点では全く約役に立たないなんてことも起こりうるわけです。しかし、わからない知識は誰かに聞いたり自分でネットで最新の情報を調べたりすることによって、いつでも知識を仕入れることができます。特に、金融機関が提供しているサービスの仕組みや条件、細かい商品の知識などについては、その金融機関に直接聞けば早いですよね。金融機関の場合は、嘘をついて商品を販売したことがバレると損失補填などを求められるリスクもあるため、必ず本当のことを教えてくれるはずです。このように、お金の知恵は常に入れ替わるわけですが、その都度必要なタイミングでいつでも仕入れられるように、常にアンテナを張っておくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
雨輝

雨輝

経営コンサルティングやファッション業界などの経営経験を積んだ後、ライティングの世界へ興味を持つ。現在は、書籍、雑誌、WEBなどであらゆるジャンルの記事を担当するライターおよびディレクターとして活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加