希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

優しい顔をして近づいてくるセールスマンは高齢者の敵!

約2分25秒で読めます

高齢者が詐欺に騙されてしまうということが増えていますが、時に詐欺よりも性質の悪い存在になってしまう職業があります。

それが訪問セールスマンです。

近年増えているのが、優しく振る舞い、高齢者のお手伝いをすることで、高齢者と仲良くなり、商品を売りつけるという方法です。

この方法は、高価な商品でも売れてしまうことがあり、何より高齢者が断りづらい雰囲気を作ってしまいます。

本来必要ではないのに高齢者としては購入してしまうため、使い道もわからず、ただただ無駄になってしまうことも少なくありません。

優しく振舞う、悪質なセールスマンはいきなり商品を売ってこようとはしないので注意をしてください。

 

こんなことをされたら要注意、「会わない」ことが重要

悪質なセールスマンは商品と関係ある「手伝い」をしてくることが多いです。

 

例えば洗剤であれば洗剤であれば洗い物といった具合です。また高齢者ができないこと、やりにくいことを「手伝い」することで、高齢者に近づいてきます。

高齢者として断りづらい空間を作り、あくまでも善意で行なったように見せかけるのです。そしてそのまま帰宅をします。

こんなことをされると、高齢者としては、「ありがたい」「良い人」という印象を頭の中に浮かべます。

こうなってしまうともう、相手の思つぼになってしまいます。

高齢者と仲良くなってから、商品の話やサービスの話を引き出してくるのです。「良い人」が紹介してくれる商品やサービスを力強く断れる高齢者は少ないのをセールスマンは知っているのです。

こんな状況になってしまわないようにするために、以下のことに注意をしてください。

●訪問セールスで来ているのに手伝いをしようとしてくる

●最初から優しく、話し相手になろうとしてくる

●商品やサービスの話をなかなかしてこない

どれかに当てはまったら要注意です。「時間がないので」「要点を話してください」等、冷静に断る、話を遮ることが必要です。相手のペースに持っていかせないことが非常に重要なのです。

セールスマンとしては売れれば良いとだけ考えていることが多く、全て「演技」と考えておいても間違いではありません。そのような人に変に情を持ってしまうのは大変危険です。

家族を呼ぶ、それができなければ、「いらない」と伝える

どうしてもしつこい場合には、家族に連絡をしましょう。家族がいない、これない場合にはしっかりといらないことを伝えていくべきです。

極端な言い方になりますが、訪問販売はいらないものをいるようにみせかけるビジネスです。基本的に必要ないものばかりと思っておいて良いでしょう。

「必要」そうに見えても、その場で返事はせず、「しっかり考えたい」と応えるべきです。「キャンペーン中」等の言葉を使って揺さぶってきた時には、しっかり断るべきでしょう。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加