希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

病気になった時のローン返済は大きな負担になり得る・・・そこで出てきた保証

約2分18秒で読めます

長野市にある八十二銀行において、病気や怪我をしてしまっている人向けのローン保証ができました。

 

八十二銀行の大型フリーローン向けに、病気やケガで働けなくなったときのローン返済支援保障を提供開始

~一部抜粋~

八十二銀行の「大型フリーローン」に付帯する<全疾病>保障では、死亡・高度障害およびガンの診断確定で
ローン残高が0円になる“ガンの保障”※1に加え、病気・ケガで働けない状態 (就業不能状態)※2が続いたままローン返済日を迎えた場合に、その月のローン返済相当額を保険金としてお客さまにお支払いします。
さらに、就業不能状態が12ヵ月を超えた場合(急性心筋梗塞と脳卒中は所定の状態が60日以上続いた場合)には、その時点のローン残高を全額保障。働く世代で罹患リスクが高まる8大疾病※3に備えながら、病気やケガで働けなくなり収入が減少しても、ローンの返済をしっかりとカバーします。

また、ローン契約者の奥さまが乳ガンなど女性特有のガンと診断された場合に、診断一時金として100万円をお支払いする“奥さまの保障”もご提供し、ローン返済中の家族の生活を手厚い保障でサポートします。

 

引用先 JIJI.COM http://www.jiji.com/jc/article?k=000000004.000020474&g=prt

ローンを組んでいる時に怪我や病気で支払いができなくなってしまうというリスクは誰にでも一定以上あります。しかし、そのようなことが起こってしまうと実際問題返済ができなくなり、金銭的なトラブルに発展しがちです。

それゆえに、そこを保証してくれるローンというのは非常に頼りになる存在であることは間違いないでしょう。八十二銀行の保証の場合癌と診断される、脳卒中等になる場合だけでなく、それによって就労ができなくなってしまう、仕事をすることができない状態が続いている場合にも、保証を受けることができるようになっています。

また女性特有の乳がんに対しての特別な一時的な処置がある点も特徴と言えるでしょう。

 

健康に対する関心はどんどん高まっていく

健康に対する関心というのは今後もどんどん高まっていくでしょう。関心が高まるということはそれだけ需要があることでもあり、同時に今回の保証のようなものが生まれていく可能性はあります。

ローンで返済ができないという状況は極力避けるべきですが、病気や怪我というのは、自分だけの行動で予防をすることが難しいものです。

そのような病気や怪我についての保証は、どのような人でも一定以上受けられるような体制作りになることは、多くの人にとってメリットが存在するのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加