希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

通販で利用できる後払いの審査ってブラックリストじゃ通らないの?

約3分16秒で読めます
2a4915971282f476c0abf59b044f595c_s

最近、通信販売で「NP後払いサービス」など、商品代金を後払いできる支払い方法を選択できる場合があります。
支払先と同じ銀行で口座を作っていなかったり、代金引換で届けてもらったりするよりも、商品代金を支払う時に取られる手数料が安いので、通販をよく利用する人にとってはありがたいサービスですよね。

しかし、この後払いサービスには審査が必要であり、審査に通らないと利用することができません

携帯電話の支払いを忘れ時々止まることがあったり、クレジットカードの支払いができずにクレジットカードを強制解約されてしまったり、新たにクレジットカードやカードローンを利用できなくなっている状況にある人にとっては「どうせ落ちるだろう・・・。」とあえて後払いを選択しない人もいるのではないでしょうか?

でも、実は携帯電話が止められたからって、ブラックリスト入りしてるからって、審査に落ちるとは限らないんですよ!

後払いサービスと消費者金融の審査基準は全く違う

後払いサービスは、商品代金を後払いサービスを行っている会社が商品購入時に立替え、後で立替えてもらった分を後払いサービスを行っている会社に支払うというシステムです。
ある意味、クレジットカードで一括で商品を購入したのと似ています。
(クレジットカードではないので、その分支払期限は短いです。)

なので、審査の際に、消費者金融の審査と同じような感じで審査されるのではないかと思われがちですが、実際は審査基準が全然違います。

まず、後払いサービスを行っている会社は、消費者金融などが審査の際に参考にしている個人情報信用機関に加盟していません
なので、自分が今ブラックリスト入りしてようが、自己破産していようが、自分の置かれている状況が後払いサービスの審査に影響を及ぼすことはないのです。

また、携帯電話の支払いが遅れていたり、強制解約された場合、電話会社同士で情報の共有がされてしまうそうですが、後払いサービスを行っている会社同士で、情報を共有することは無いそうです。

後払いサービスの審査基準って何?

では、個人情報信用機関の情報を参考にしなとすると、どのような情報を参考にして審査しているのか気になりますよね。
実は、後払いサービスが参考にしている情報は、商品注文時に入力した個人情報を参考にして審査しているのです。

まず、電話番号ですが、こちらは携帯電話ではなく固定電話の情報で登録しているかどうかを参考にします。
そして、メールアドレスはプロバイダのメールアドレスを登録していると審査に落ちにくいです。
固定電話とプロバイダのメールアドレスは、住所が明確であるということが証明できるものなので、信用されやすいです。

そして、住所ですが、よくマンション名などを省略して最後に部屋番号だけ付け足して記入している人も居ると思います。しかし、マンション名もきちんと入れて明確な住所を記入しなければ審査に落とされやすくなってしまいます。

入力情報以外にも気付けなければならないことがある

情報を正確に、きちんと入力することで審査に通りやすくなりますが、全て正確に入力した場合でも稀に審査に落ちる場合があります。

それは、初回利用時の金額が大きい場合です。後払いサービスでは、使用できる金額の上限が設けられていますが、いきなり上限ギリギリだったり、高額な注文をされると審査に通らない場合があるそうです。
上限は何回も利用していて、信頼を得ている人の上限だと思ったほうが良いでしょう。最初の注文はせいぜい1~2万円程度に抑えておくことがおすすめです。

後払いサービスは、今すぐ必要だけどちょっとお金が足りない時や、支払い手数料が高いから節約したいという時などに使うととても便利なサービスです。
審査落ちしないか不安だった人も、正確に情報を入力するだけで、審査に通る確率がぐんと上がるので、利用の際は是非参考にしてみてくださいね!
The following two tabs change content below.
雨輝

雨輝

経営コンサルティングやファッション業界などの経営経験を積んだ後、ライティングの世界へ興味を持つ。現在は、書籍、雑誌、WEBなどであらゆるジャンルの記事を担当するライターおよびディレクターとして活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加