希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

生活保護のあり方とは?

約4分0秒で読めます

生活保護とは、生活ができなくなってきている、最低限の生活をすることができない人に対する自立を支援する制度となります。この制度自体はとても良いものであり、日本の国民を支える制度と言えるでしょう。しかし一方で不正受給というものが問題になることもあります。

不正受給というのは言ってしまえば犯罪であり刑事事件に発展する可能性もあります。不正受給は国民の大きな反感を買い、本当に必要としている人たちを追い込む非常に罪深い行為であることを多くの人が知っていくべきであると言えます。

この生活保護の不正受給については近年とても高い関心を持たれています。生活保護制度のあり方についても非常に多くの検討がされています。

大切なことは生活保護が自立を援助する、助長する制度であるということです。
これは居心地が良過ぎても良くないものであり、反面最低限の保証はしっかりとしないといけないことになります。時代によって価値観などは変わってきているため本当であれば制度の見直しをもっと頻繁に行なうべきであると言えるでしょう。

●批判し過ぎるのは良くないが・・・

生活保護については批判的な意見が多く出てきています。不正受給が明るみに出てきている現状では仕方がありません。しかし本当に制度が必要な人にとってみるとこの現状はとても辛いものになってしまっています。

一方「辛い立場」というのも自立を支援していく上で必要になる価値観であると言えるでしょう。生活保護に頼り切るような状況になってしまう、それを許す状況になってしまえば、保護を受けている人は生活保護から離れようとは当然しないことになります。ある程度社会的に辛い要素を残しておき「生活保護を終わらせたい」という思いを受給者に感じさせなければ、本当の意味で自立を支援することは難しくなります。

一方的な支援ではなく、「自立」をしっかりと視野に入れた生活保護制度が今求められていると言えるでしょう。

生活保護を受けるのは申し訳ないという思いを持つことは、ある意味とても大切です。生活保護を受けることが当たり前と思ってしまえば、保護に頼りっきりになってしまうものです。。生活保護制度自体はとても有意義な制度でありますが、受給している人が、受給して当たり前と思ってしまうような制度になってしまえば、自立して仕事をしている人から不満を持たれてしまっても仕方がありません。自立につながる制度という意識が必要です。

生活保護は本当にお得か・・・

仕事をしたら負け、働いたら負けという価値観が多く出てきていますが、本当にそうでしょうか。というのも生活保護を受けているというのを堂々と周囲の人に言う人というのは、生活保護から抜け出す気がないと思われても仕方がない状況となっています。本来生活保護は受けていることを隠しておきたいと思うような制度であり(少し偏見はありますが・・・)、だからこそ、そこから抜け出そうと必死に努力をしていくことになります。また周囲の人もその様子を見て、仕事の環境を用意しよう、待遇の改善を検討しようと、考えてくれることになります。

しかし、インターネット等では、堂々と生活保護を受けていることを報告したり、それによって「楽をしている」というようなことを情報として公開していることが多くなってきました。このような情報を見る人が増えれば、当然生活保護受給者に対して風当たりは強くなります。

ただ、本当に楽をしているのか・・・ということですが、生活保護を受けていると堂々と周囲の人に言うような人は、社会的に孤立してしまったり、社会に馴染めないような状況になってしまっていることが多いです。また生活保護を本当に必要としている人は例外となりますが、楽をしようとして受給をしている人の生活は、「ただ生活をするだけ」になりがちであり、達成感や人間関係というものが非常に疎かになりがちです。仕事をしている人が、生活保護を受けている人に対して「良いな」と思うこともあるかもしれませんが、社会的な立場を捨て、生活保護に頼ることが本当に良いことか考えるべきでしょう。

生活保護を受けているから「うらやましいだろ」「楽できる」と情報を公開している人たちは、生活保護を受けながら必死に努力をしている人、生活環境を変えようとしている人に対して失礼であり、同時に生活保護に関する偏見を強め、努力をして生活保護から脱しようとしている人たちの足を引っ張っていることを自覚することが必要です。

生活保護制度の目的は「自立」です。その目的を忘れ、「楽だから」という理由で利用をしている人は、本来生活保護を受けるべきではないと考えることもできます。
このあたりについて制度の見直しや、改善が必要とされています。

少し厳し目な内容となっていますが、生活保護に関する問題は今の日本にとって深刻です。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加