希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

お金に関するストレスは想像以上に大きい

約3分21秒で読めます

消費者金融を利用する時に「ちょっとだけ」という想いが出てくることもあるかもしれません。しかし、このような感情を持っておくことは非常に大きなデメリットを抱えてしまいます。お金に関するストレスというのは非常に大きくなります。お金がなければ「生活費に関する心配事」借金が多ければ「返済できるかどうか」の心配事が多くなります。

これらを解消していく手段というのは「お金を用意する」しかないと言えるでしょう。しかし急にお金ができるということは少ないです。それゆえに長期的に悩みを抱えていくことになるでしょう。このようなストレスは生活にも多く影響していきます。睡眠時間が減ってしまったり、何をしてもゆったりできない、焦燥感で落ち着かないといった大きなストレスを抱えやすくなります。

●借金はストレスをストレスで処理しようとすることにもつながる

お金がないことによるストレスを、借金で何とかしようとする場合それは「ストレスをストレスで対処していく」ことになります。

このようなことをしてしまうと、ストレス解消はより難しくなり、深刻な問題になってしまいます。
「返済をしなければいけない」というのも実は非常に大きな切迫感を生んでいき、生活上とても大きなストレスになっていきます。
借金をすることは「お金がない」ことにプラスして「返済しなければいけない」というストレスを生み出します。ストレスを解消していきたい、一時の解消のために消費者金融を利用することはしてはいけないと言えるでしょう。

ストレスは「変化」が多い状態を意味している

ストレスと言うと、精神的負担が大きなケースばかり取りあげられますが、実はそうでもありません。当然精神的な負担によってストレスを感じ、それをお金の浪費で対処することもあります。

しかし、このような人もいないでしょうか・・・「良いことがあったから、自分にご褒美」「良いことがあるとその流れで浪費をしてしまう」

このような場合は、悪い意味でのストレス(変化)ではなく、良い意味でのストレス(変化)となります。ストレスというのは人にとって常にマイナスなものではありません。ストレスがあるから気持ちよく生活できる「プラス」の面も持っているのです。嬉しくて興奮状態にあるという場合、身体的には負担は大きくなっていますが、好奇心が大きくなったり、意欲的になったりなど活動的になることが多いです。これはストレスの良い面と言えるでしょう。

嬉しいという感情や、楽しいという感情からお金を浪費してしまう、判断が曖昧になり借金をしてしまうこともあるということです。収入が多くあった時、羽目を外し過ぎて、お金を使いすぎてしまうのはこのタイプと考えられます。

自分に甘い、我慢ができないというのも、ストレスに対しての悪い対処方法になっていることがあります。

精神的ストレスを発散しているようで、実はストレスによってお金を浪費してしまっていることがあるということです。
基本的にお金の浪費によるストレス発散は、「ストレスをストレスで対処しようとしている」証拠と考えておくと良いです。

ストレス発散はストレスによる変化をなくしていく行為です。プラスの面でのストレスが大きくなりすぎた場合、自分を律すると言う意味で、がまんややりたくないことをやるというマイナスのストレスを与えていく自制心が必要になるでしょう。

ストレスが身体的に及ぼす影響というのはとても大きなものがあります。お金に関する依存を作ってしまったり、体調そのものを崩してしまうこともあります。また自分の行動を制御できない原因を作ってしまうこともあります。
ストレスは大きな出来事があって・・・というよりもちょっとしたことがきっかけにどんどん膨れ上がっていく傾向があります。最初に記述した「ちょっとだけ」からはじまっていくことがとても多いのです。

お金に関する悩みはお金でしか解決できないことが多いですが、決して借金という仮初の解決方法を選択しないように注意が必要になると言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加