希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

助成費の過払いというのはする方もされる方も厳しい・・・

約2分27秒で読めます

本来支払う額以上に支払ってしまう場合も過払いと言われますが、これまでに年金等で過払いが多く発生してきています。

過払いというのは、する方もされる方もメリットはなく、信頼感を失ってしまうデメリットばかり残ります。

 

これが助成費で起こってくるとなおさらです。

今回 静岡県御前崎市で重度障害者への助成費の過払いがあったことが毎日新聞によって公開されました。

御前崎市:重度障害者への助成費を過払い /静岡

毎日新聞 2015年09月19日 地方版

 御前崎市は18日、重度障害者への医療費助成で138人に計211万4405円を多く支払う事務上のミスがあったと発表した。

 対象者が医療機関を受診した時の自己負担額を軽減するための制度で、5〜8月分の支給処理をした際、データの入力ミスがあった。該当者におわびと返納を依頼する文書を送るという。【舟津進】

 

引用崎:毎日新聞 http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20150919ddlk22010055000c.html

助成費というのは負担が大きすぎる人の費用負担を軽くする意味を持っており、助成費によって経済的に助かっている人は多いです。

経済的に大きく頼りになる助成費に過払いが生じるというのは、本来使えると思っていたお金が減ってしまうことを意味します。

助成費ありきの生活である場合、助成費が入った段階で、当然負担を軽くするために全て利用できると思ってしまいます。
そのため本来受け取るはずのお金ではないにしても、精神的には過払いに対する返納は「出費」になってしまいます。

データ入力のミスというのは防げるミスである

過払いのほとんどが、データ入力のミスです。それゆえに、悪意はないと判断されることが多いです。しかしデータミスというのは同時に防いでいけるミスでもあります。

このデータミスで重要なことはどの段階でミスをしたのかを明確に発表していくことと言えるでしょう。

入力段階でミスがあったというのであれば、入力する際に参考になる資料等に大きな間違いがある可能性もあります。個人の勘違いでミスをしたのと、資料等までも間違えていたことによるミスでは同じデータ入力によるミスといっても、深刻さは大きく変わっていきます。

データというのは大抵多くの人がチェックをしていくものですが、多くの人のチェックをすり抜けてしまった原因等を解明していく姿勢というのは必要になります。

助成金を頼りにしている人にとって過払いというのはとても恐ろしいものになります。使ってよいお金として理解していたが、ある日突然請求されtしまうということになります。極論とはなりますが、これではある意味で闇金等と同じようなものになってしまいます。

過払いによる返納というのは百害あって一利なしと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加