希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

年金5兆円の損失は損失した金額ではなくその運用方法に大きな問題がある

約3分14秒で読めます

今年金問題の新しい問題として、年金の運用損が5兆円を超えているというものがあります。

年金の運用損、昨年度5兆円超 GPIF公表は参院選後

 

2015年度の公的年金積立金の運用成績は、5兆円を超える損失となることが確定した。株安が影響したもので、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が30日の運用委員会で厚生労働省に報告した。だが、GPIFが公表するのは参院選後の7月29日で、野党は「損失隠しだ」と批判を強めている。

GPIFは国民年金厚生年金の積立金約140兆円を運用している。30日の運用委員会は非公開で開かれ、GPIFが15年度の財務諸表を報告。関係者によると、運用損は総額で5兆数千億円に上ったという。

 中国が人民元を切り下げて世界的な株安となった昨年8月の「チャイナ・ショック」が影響し、昨年11月に公表された7~9月期の損失は7・8兆円だった。

 GPIFは将来の年金支給に必要な利益を確保するとして14年10月に運用基準を見直した。国内債券の比率を60%から35%に下げ、代わりに株式比率を50%に倍増。安倍政権成長戦略にも位置づけたが、株価の影響は受けやすくなった。

引用先;朝日新聞DIGITAL http://www.asahi.com/articles/ASJ6Z4C94J6ZUTFK004.html

5兆円という金額に目が行きがちですが、本当に着目をしないといけないのがアベノミクスによって運用が国債中心から外国株などの株式に移っていってしまったことであると考えられます。

50パーセントもの比率で株式に移行してしまうというのは、まさにハイリスクハイリターンであり、正直現状年金という非常に大きなお金をこのような方式で運用をしていたというのはリスクが大きすぎることになります。また年金は国民のお金であり、国が勝手に人のお金を利用してハイリスクハイリターン名投資をしていたということになります。

確かに、上手く行けばリターンの部分でメリットがあったかもしれませんが、それでも50パーセントというのはあまりにもリスクが大きすぎるのではないでしょうか。

2014年からこのような運用がはじまっていますが、かつては確かな利益を上げていた時期もあります。しかし経済の変化によってそれらは期待できないとされています。しかし国としてはかついあった実績にすがり、「長期的な目で見て利益を判断すべき」という考えを持っている人が少なくありません。確かに投資において、短期で一喜一憂するのは良くないとされていますが、今回5兆円という損失が出てきてしまったこと、経済的に今後この運用方法で利益を望むことができないことをしっかりと認識しなければいけないのは確実でしょう。

(なぜかつてこの方法で上手く行ったのかというと、簡単な説明になってしまいますが、アベノミクスの円安株高の誘導が上手く行き、GPIFの相場の操作が限界を迎えていなかったからです。しかし現状これらは全て限界に来ているとされており、愚策と言われてしまっても仕方がありません)

 

このアベノミクスの円安株高やGPIFの運用については、また違うところでしっかりと説明をしていきたいと思います。

今回確実に言えるのは、目の前にある現状と、運用方法を照らし合わせることができず政治のメリットや、政権をとるために資金を利用していた(間違った運用をしていた)ということになります。投資で一番重要な将来を予測して臨機応変に対処し、リスクを少なくするという基本的なことができていなかったということです。

 また本当に・・・本当に基本的なことですが、運用の結果を国民に知ってもらうことは当然のことです。しかしどうも、知ってもらうということに関して意識が低すぎる(公表することの大切さをわかっていない)気がします。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加